<   2009年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
DAY8: イスタンブール旧市街
旅は早くも終盤にさしかかり、前半のリゾート満喫型から、後半の街歩き旅型へとテーマも変化。その後半のメインがこの日。
cheeriot、歴史に浸る喜びに発狂しそうな一日でございました。

トプカプ宮殿内部
d0021590_10454079.jpg
ハレム内部
d0021590_1046413.jpg
アヤソフィアのモザイクの1つ。
d0021590_10462513.jpg
中央にキリスト、左に皇帝コンスタンティノス9世モノマホス(在位1042~1055)、右に皇后(コンスタンティノス8世の娘)ゾイ。ゾイの父は男子がなく、ゾイが三度結婚して、自分の夫を皇帝にした。この壁画は、最初の夫ロマノス三世(在位1021-1034)時に作られたが、二度目の夫ミカエル4世(在位1034-1041)の時に、皇帝の顔と名前が書き換えられたらしい。次の皇帝はミカエル4世の養子となったミカエル5世(在位1041-1042)だったが、ゾイを追放しようとしてまもなく失脚。が、短い在位中にミカエル4世とゾイの顔を消してしまったとも言われる。やがてゾイは、三度目の結婚をし、モノマホスが皇帝となった。このとき、改められたのが今の壁画。何度も修正されてバランスがとれなくなったのか、最後の修正時には、キリストの顔も取りかえられたとのこと。

地下宮殿
d0021590_104948100.jpg
以下、ブルー・モスク。
d0021590_10504180.jpg
2万1千枚のイズニク製の青い装飾タイルとステンドグラスで彩られた、260の窓を持つ、世界で最も美しいと評されるモスク。オスマン帝国の第14代スルタン・アフメット1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。タイル1枚の値段が、当時、銀貨18枚分だったとも言われます。
d0021590_10464258.jpg
d0021590_1047263.jpg
d0021590_1047192.jpg
うーん、この写真だと、ブルーモスクというよりレッドモスクなイメージになっちゃうかな。 
これでどうでしょう?? 
d0021590_1129153.jpg

ちなみに、イスタンブール訪問前に10冊以上の関連書籍を読みましたが、お勧めは以下の通りです。いずれも気軽に読めるものばかりなので、旅行前にぜひどうぞ♪;
◆ビザンティン帝国時代

生き残った帝国ビザンティン (講談社学術文庫 1866)

井上 浩一 / 講談社


◆オスマン帝国による征服

コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)

塩野 七生 / 新潮社


◆オスマン帝国時代

イスタンブール―世界の都市の物語 (文春文庫)

陳 舜臣 / 文藝春秋


ロードス島攻防記 (新潮文庫)

塩野 七生 / 新潮社


◆トルコ近代史

イスタンブールを愛した人々―エピソードで綴る激動のトルコ (中公新書)

松谷 浩尚 / 中央公論社


[PR]
by cheeriot | 2009-09-10 23:58 | TRAVEL
DAY7-2: FLY TO ISTANBUL
d0021590_1025138.jpg
ちょうどラマダン中だったイスタンブール。
夜のお散歩に行くと、スルタンアフメット広場周辺は断食後の食事・食後を楽しむトルコ人(?)で溢れていました。

※写真はアヤソフィア(1100年以上もの間、ビザンティン帝国のコンスタンティノープルの総主教座が置かれた後、500年に渡りオスマントルコ帝国のモスクとなり、1934年からは博物館となった建物)です。
[PR]
by cheeriot | 2009-09-09 23:59 | TRAVEL
DAY7 : アテネ国立考古学博物館
d0021590_859082.jpg
昔、歴史の資料集で見たようなものがいっぱい☆
こちらはシュリーマンによってミケーネで発見されたアガメムノンのマスク。
こんな超ド級の有名品を惜しげもなく1つ目の展示物にできる博物館ってどうよ?
[PR]
by cheeriot | 2009-09-09 23:58 | TRAVEL
DAY6 : Parthenon
d0021590_8563119.jpg
高台にあるため、アテネの街にいると、どこからでも見える(と思われる)パルテノン神殿。歴史好き・世界遺産好きとしては、ここも長く行ってみたかったところ。

念願果たした今、次からはアテネの街はトランジットonlyやね、というのが私達二人の正直な結論。
ホテル側のミスで予約が取れておらず、それに最初に気付いたイギリス人の友人のおかげでなんとか別のホテルを確保できた、というのも、もしかするとこの結論に影響してるのかもしれないけど。
[PR]
by cheeriot | 2009-09-08 23:59 | TRAVEL
DAY5 インフィニティ・プール
プールの淵が海側に切ってあって、まるで海とつながっているかのように見える美しいプール。それがKATIKIESのウリの1つ。

ホテルがあまりに美しく、かつ心地いいので、相方と2人、「今日はここで丸1日過ごそう!」ということに。

左端で本読んでるのが相方です(笑)。
d0021590_12335161.jpg

[PR]
by cheeriot | 2009-09-07 23:58 | TRAVEL
DAY4~6 HOTEL KATIKIES
「Esquire」2004年8月号で見て以来、ずーーっと行ってみたかったところ、それがHOTEL KATIKIES
相方の、「新婚旅行なんだし、次があるか分からないよ」という言葉に甘え、今回、思い切って2連泊で予約。
そしたら、新システム稼働に伴うトラブル・友人の口きき・新婚旅行だったこと等色々大人の事情が相俟って、なんとjunior suiteにupgradeしていただけました!!きゃーっヾ(≧▽≦)ノ

着いたそこは、一面、白の世界
d0021590_1234426.jpg

でも一歩、足を踏み入れると、ご覧のとおり!
d0021590_11582177.jpg

壁や小物の白に地面のグレー、そして、部屋番号や窓枠・ドアの色に使われた、グレーの配分の異なる美しい水色~青のトーン。
ちょっとした景色がどこを撮っても絵になり、しかも時間によって色が変わります。
それを見逃したくなくて、かなりの時間を戸外で過ごしたのでした。
[PR]
by cheeriot | 2009-09-07 23:57 | TRAVEL
DAY4-3 Oia、夜
d0021590_14564328.jpg
崖を15分程かけて歩いておりると、Amoudi Harborに着きます。

ここには、KATINAとSUNSETという2つのTAVERNAがあります。
日本の雑誌やネットの情報ではKATINAの方が有名みたい。でも私達がたまたま聞いたLocalの人たち2人が2人とも、「どっちも美味しいけど、私はどっちかいうとSUNSETの方が好きかなぁ」と言ったので、SUNSETに行ってみました。
ここで食べたRed Mullet(赤ボラ)が、今回ギリシャで食べたものの中で一番美味しかった!!
d0021590_1453323.jpg

帰り道~
d0021590_14545284.jpg

[PR]
by cheeriot | 2009-09-06 23:59 | TRAVEL
DAY4-2: Oia(イア)
サントリーニって聞いて、「それどこ?」って思っても、この青いドームの写真を見たら、「あ、見たことある!」って思う人も多いのでは??
港から車で30分前後、エーゲ海でも一、二を争う人気リゾートがこちらになります。笑 
d0021590_13573950.jpg

なぜここがそれほど人気なのか。
それは、この街から見るサンセットが、「世界で一番美しい」と言われているから。
というわけでこちら、ご覧ください♪
d0021590_1472723.jpg

d0021590_1419379.jpg

[PR]
by cheeriot | 2009-09-06 23:58 | TRAVEL
DAY4: サントリーニ OLD PORT
サントリーニへは飛行機ではなく、船で入るのがいいと言われてます。飛行機で来ると見えない景色がそこにはあるから。

ミコノスからナクソス、イオスを経由して、リゾート気分満載♪でサントリーニに入った私たちですが、サントリーニの港に着くなり、そのあまりに峻厳な、ミコノスとは全く異なる景色に、一気にリゾート気分が吹っ飛びました。
d0021590_1333220.jpg

[PR]
by cheeriot | 2009-09-06 23:57 | TRAVEL
Mykonos Hotel
d0021590_854338.jpg
今回泊まったホテルのプール(でもって、写真に写ってるとんがり屋根の塔が、私たちが泊めてもらった部屋なの)。
水がすんごい冷たいので、長くは入っていられないんだけど、ここのプールサイドでのんびりしてるのは至福でした。

初日、私たちの乗った飛行機が1時間半近く遅れてしまい、連絡も出来なかったので、朝7時前にわざわざpickupに来て、そのままずーっと待っててくれてたホテルの人に謝ったのね。
そしたら、「No, no, no!! WE ARE so sorry for wasting YOUR time.」なんて言ってくれてちょっとホロリ。
しかもホテルに着いたら、マネージャーさんが、「大変だったね、お腹空いたでしょ。まずは朝ごはん食べなよ!」と、真っ白なミコノスタウンの綺麗な朝景が見える、気持ちのいい食堂で朝食までご馳走してくれ(ここのヨーグルト、美味しい!!)、そのホスピタリティが嬉しかったです。

石田純一がプロポーズしたのがミコノスだった、とかで、この前テレビで特番やってたの、二人でワイワイ言いながら見てたんだけど、いやー、ミコノス良かったよーーーーー。
なんて言うんだろ。気取らない大人のリゾート、っていう言い方が一番しっくりくるかな。
最近のモルディブは、セレブ志向を鮮明にしすぎてて、ある種、肩の力を張る必要があるリゾートになってる気がするし(もちろん場所によるし、それが楽しい部分もあるけどね)、
ハワイは、家族でも友達同士でも楽しめる、アメリカンかつアットホームなリゾート
カンクンは、基本、アメリカ若者向けリゾート
というのが私のイメージなんだけど、
ミコノスは、30~40代カップルがさらっと3-4日遊びに行くのがいい感じ。ホテルは安いのから高いのまでピンキリで、高いホテルになるほど子供は泊まれず、洗練してる。なのに、すんごくいい具合に肩の力抜けてるの。あの絶妙さはすごい。
街全体のセンス&遊べる度具合からいうと、同じエーゲ海の島々でも、サントリーニのイアよりミコノスの方が私は好き(フィラは比較にならない)。
コスタ・デル・ソルとか、ヨーロッパの他のリゾートともまた全然違う。
まさに大人のリゾートって感じ。
あと、個人的には、ミコノスタウンまで歩いて10分ぐらいのところにあるホテルを推薦するかな。今回原チャであちこちミコノスを廻ったけど(道に迷ったから)、ミコノスは、あのタウンに気楽に行ける、というのがいいと思うから。
また行きたいね、と二人、話してます。
[PR]
by cheeriot | 2009-09-06 00:00 | TRAVEL



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot