<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
真一文字の会 1月
ちょっと久々の落語。先日、後援会紙「紙のすけえん」も無事届き、益々今後が楽しみな一之輔さんです。
真打ち昇進を控え、落語の会が目白押しで、売っても売ってもチケットがなくならないらしい。確かに。我々夫婦も月1ぐらいで見に行けるぐらいの割合でチケット買ってるけど、なんせ回数が多いものねぇ。。。

本日の番組:本日は新春ならではの噺も幾つもあって、楽しかったです。やっぱ上手だなぁ。。。。
・幇 間腹: 春風亭朝呂久
・一目あがり
・蜘蛛駕籠
 -仲入り -
・藪入り

チケット買った時には1月末なんてずっと先だと思ってたけど、あっという間でした;
ちなみに真一文字の会、3月で一旦終了し(ご本人は終了するつもりじゃなかったそうですが。笑)7月に復活するそうです。
[PR]
by cheeriot | 2012-01-31 23:59 | INTEREST
傘げっと
9月の台風でダンナにホワイトデーに貰った傘がポッキリ折れてしまって以来、気に入るものがなく、ずっとビニール傘を使ってたのですが、先日、雑誌で”ほぅ”と思える傘屋さんを発見。
それがTokyo noble
d0021590_21315854.jpg
秋葉原と御徒町の間の高架下に2010年12月に出来ていたらしい2k540の一角にあるお店です(写真はHPより拝借)。
というわけで、早速今日チャリを飛ばして行ってきました!

まず、店内にある傘から好きなものを選ぶんだけど、なんせ魅力的な色が幾つもあるのでめっちゃ迷います!(HPによると77色あるらしい。常に店頭に全てが揃ってるわけでもなさそうだけど。)
でもだからといって、長傘をいきなり4本も5本も買うわけにもいかないし。。。

結局、1本には絞り切れず、長傘を1本と折りたたみ傘を1本購入することに。
それぞれの柄の種類、タッセルの色を選んで待つこと約30分~1時間!
出来あがってきたのがこちら!
d0021590_2132239.jpg
…って全然色、分かんないか…(ウチ、暗いから;;)
長傘には、竹の持ち手に落ち着いた色合いの緑(フォレストグリーン?)の傘地、明るめの焦げ茶のタッセルを、
折りたたみ傘には、焦茶の皮の持ち手に、グレージュのレオパードの傘地、渋い臙脂のタッセルを、
それぞれ選んでます。
次の雨(雪かも?)の日が楽しみです♪
&そのうち本数を増やせればいいな♪♪(…普通、人は一人何本ぐらい長傘を持ってるものなんだろ?ウチはダンナも私も一人1本+ビニール傘なんですが…)
[PR]
by cheeriot | 2012-01-28 21:33 | DAILY LIFE
milestone6と最近ハマってるモノ
先週の丈参に引き続き、今週は、虎穴で夕食。今夜もまた頼んだ物全てがとっても美味しかったのだけど、あまりの物珍しさに、この寒さにもかかわらず、つい食べてしまったのがこちら、香菜のシャーベット。意外にも(?)とっても美味しかったです:)
d0021590_2338860.jpg

この寒い日々の仕事帰りの楽しみがこちらの2シリーズ。「24」も「HERO」も1stシーズンの2話目、3話目辺りで早々にギブアップした我が家ですが、こちらは今、2ndシーズンを満喫中。本国ではもう3rdシーズンに入ってるのだとか。早く見たいわ(≧▽≦)!

THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス1 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

ホワイトカラー "知的"犯罪ファイル vol.1 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


[PR]
by cheeriot | 2012-01-27 23:48 | HOME (Around Home)
寒いですね(x_x;)
早めに家に帰ってのんびりしてたので、雪が降ってるのに全く気付かず。朝のお天気ニュースで雪が積もった新宿や新橋の映像を見てびっくり。慌てて外を見るとあら、ホント、積もってたのね。会社に辿り着くまでにツルツル滑りまくったけど、手はつかなかったゾ!
d0021590_23543413.jpg

[PR]
by cheeriot | 2012-01-24 23:59 | DAILY LIFE
初詣PARTⅡ
お散歩ついでに、榊神社→鳥越神社→浅草寺→浅草神社へとお参りに。
d0021590_1917799.jpg
d0021590_19172387.jpg
鳥越神社からはとってもかわいいこのコ達(※土鈴。右のゾウくんは元々ウチにいたコです)を家に連れ帰りました。
d0021590_19183155.jpg
今後、順調に他の仲間が増えていった場合、出番が来るまでの11年間を我が家のどこで過ごしてもらうかは、年末まで考えないことにします。
[PR]
by cheeriot | 2012-01-10 23:59 | HOME (Around Home)
帰りに
ダンナと、いつもの仙台駅の海風土(うぶど)というお鮨屋さんへ。
d0021590_1345457.jpg
実は、今回は仙台に着いた日に、母の大親友であるMちゃんに、“秘密”のとっても美味しいお鮨屋さんに連れて行ってもらい、そこが超!美味しかったので(日本一の呼び声も高い宮城県名取市閖上(ゆりあげ)の赤貝等、今ではなかなか手に入らないものまでいただきました。最後に偶然、場所が分かったので、また行きたい!)迷ったのだけど、まぁでも我々、いつも仙台からの帰りはここで〆ることにしてるし、ダンナも行きたがったので、行くことに。
結果的に、いつもの職人さん達の無事も確認できたし、また美味しいものもいただけたし何よりでした。

もう一つ分かったこと。仙台駅地下のスーパーより、さくらやのデパ地下の方が色々安い!次はそこで食材を買い出してから祖父母宅へ行くのも良いかも。

こちらはMちゃんに連れて行ってもらったお鮨屋さんでのショット(一部のみ)。
d0021590_13454910.jpg
ちなみに一昨年連れて行ってもらった、松島のcafé Loinは、地震で閉店してしまったそうです。。。すごく気持ちいい空間だったので残念。
[PR]
by cheeriot | 2012-01-09 23:59 | FAMILY
祖父母の家
仙台の祖父母の家は、作りがゆったりしてて、日当たりがよく、ちょうどいいサイズの庭もあり、普段は使わないけど私たちが泊りに行けば皆で川の字寝できるような部屋もあり、私が今まで見てきた中で一番好きな家なんだけど、老人が生活する&介護するにも向いてます(昭和45年ぐらいに新興住宅地である今の家に引っ越してきたらしい)。まず平屋だし(年をとると2階にあがるのが億劫になり、次第にあがれなくなるので。普段、2階のベランダで洗濯物を干してる人は年とると大変)、祖父の部屋は玄関に一番近く、目の前にトイレがある。お風呂場もトイレの横で、玄関も廊下も車椅子が通れる広さ。玄関にあがってしまえば、段差もない。

ただお風呂場は、地震でタイルがいっぱいひび割れてて今は応急措置中。なんせ仙台はもっと被害を受けている個所がいっぱいあるので、この程度だとなかなか業者が来てくれないのだそうです。

そういえば、中国から仙台にパンダが貸与されることになりましたが、その行き先は八木山動物公園という、その昔、祖父母に何度も連れて行ってもらった、祖父母の家の近くにある動物園だそうです。
でも今、仙台駅から八木山動物園までの最短ルートである青葉城址脇を通るルートは、城の石垣が地震で一部崩れてしまい&さらなる崩壊の危険が高く、通行止めになってるので、ちょっと大変。

ちなみに、仙台の人達は-これは複数が言ってたのだけど-、地震の後、長くテレビを見れなかったので、宮城のどの辺りがどうなったのか等、よく分からなかったそうです。
[PR]
by cheeriot | 2012-01-08 23:59 | FAMILY
やっと仙台
d0021590_13133634.jpg
行く予定だった週末に風邪をひいたりその他色々あったりで、去年は行けなかった仙台の祖父母の家。元々この週末に行く予定を組んでたところ、年末ギリギリに祖父が肺炎で入院するという事態になり、叔父夫婦が6日まで滞在し(幸いにも祖父は6日に退院できた)、私たちが7-9日に滞在するという運びになりました。

私にとって母方の祖父母である、この仙台の祖父母は、祖父91歳(重度のアルツハイマー)、祖母84歳(同じく初期)という“老々介護”の典型例。
それがまがりなりにも生活出来ているのは、デイサービス・ショートステイといったサービスを頻繁に利用できるのと、それらに行かない日は毎日17時過ぎにヘルパーさんが夕食を食べさせに来てくれる(そして16時半過ぎに、おかゆ等祖父用に食べやすくした夕食を配達してもらってる)こと、そして祖父母のことをとても気にかけて毎日様子を見に来てくれたり、祖父の介護関係の予定を全部管理してくれたり、ショートステイ等の宿泊に必要な荷物を毎回作りに来てくれる親切な近所の方がおられるおかげ(地震後もこの人が夫婦で私の祖父母の家にしばらく住み込んでくれたおかげで祖父母は生き延びることが出来た)です。
祖父母の子供は、母が大阪、叔父は東京、叔母は福島、と、皆、仙台におらず、いまさら仙台に移り住める状況にもなく、かたや祖父はいつもお世話になっている介護の方々に懐いてるし、祖母だけをどこかに連れていくことを祖母は拒否するだろうし、無理に連れて行っても祖母のボケが急進行することは明らか(新しい土地なので怖くて出歩けなくなる上に、家事をしなくて良くなると、することがなくなる&今、“私が頑張らないと”とシャキッとしているのがなくなるので、早い)なので、なかなか難しい。

私の今回のタスクは、入院中ずっと寝ていたがためにそのクセがついて、ヘルパーさんが来るまで起き上がろうとしない祖父を起こし、ちゃんとトイレに行く習慣をまた付けること&祖母は祖父の状況を認めたくない気持ちが強く、なかなかオムツを使いたがらないけど、祖父はもう自分で身の回りのことが出来る状況にないので、そういったものをヘルパーさんが使えるよう、買い揃えること(そうしないと祖母が大量の洗濯物に追われることとなり、祖母の負荷も大きくなる。本当、下の世話が一番大変)&応接間に新しいダンツを引くこと(これはダンナが大活躍)!。
母がずっとやってた大阪の祖父母の介護を覚えてる(その意味で、同居の祖父母というのは、最初は可愛がってくれ、最後は死んでいくところを見せるという役割を負うんだな、とこの頃しみじみ思います。介護は家族の正念場やねぇ;)ので、私も一応やり方は分かるし何となく出来るけど、体力要るから、普段、祖母が一人で出来るもんじゃないよなぁ。。。

祖父は、穏やかで、時々本当にいい笑顔を見せてくれるので(昔、“cheeriot、笑顔っていうのはすごく大事なんだよ。”とよく言われた)、いつもこの笑顔が見たくなります(ありがたいことに、ダンナもこの笑顔のファンらしい)。
今回も、後半はたくさんこの笑顔が見れて、嬉しかったです。
[PR]
by cheeriot | 2012-01-07 23:59 | FAMILY
お正月にはタコあげて~♪
フジカラーの「お正月を写そ♪」っていうCM、もうやってないのかな、と思ったらちゃんとやってるのね、フレーズを少し変えて、商品も写ルンですではないけれど。あれ見るとお正月が来た気がして嬉しくなります。
私が小さい頃はコンビニの普及前だったので、お正月の三ヶ日はほとんどのお店がお休みで、ということは多くの大人もお休みで、お正月が今よりずっと厳かだった気がするのよね。
仕事初めに、振袖を着て出社する若い女性の姿を毎年ニュースで見たりもしたし(今じゃそんなこと、考えられないけど、業界によってはまだ残ってるのかしらん?)。
その頃の清々しくおめでたい正月の雰囲気が好きだった私としては、今も、正月くらい病院や交通機関、警察、水道電気ガス、ホテル業といった職に就く人以外は皆、休みになればいいのに、と思います。

その名残か、私は正月支度、“正月らしいこと”が好きで、そんな大して好きな物が入ってるわけでもないのだけど正月料理は食べたいし、年賀状も(書くの面倒だけど)結構好き、会社の玄関に置かれた門松や、民家の玄関の正月飾りも好き。身につけるものを新しくしたり、新しいタオル(白~生成りぐらいの色目の無地で、バスタオルはそれぞれ好きなものを選ぶことにしている)をおろし、古くくたびれたものを雑巾にまわすのもお正月(こうすると、交換次期も忘れないし、新年を迎えるのも嬉しくなる)。無理してする必要はないけど、出来るときはやりたいと思う。

…といいつつ、今年は珍しくバーゲン初日に参戦しました。が、銀座のあまりの人混みにダンナと二人、早々に撃沈。ま、ウチは二人ともこんな程度です。
d0021590_12405037.jpg
d0021590_12405782.jpg
(しっかし写真を撮ってもやっぱ我が家は暗いな…。)
こちらは日本橋高島屋の龍くん。
d0021590_1343187.jpg

[PR]
by cheeriot | 2012-01-02 23:59 | HOME (Around Home)
2012 新春
d0021590_16574339.jpg

[PR]
by cheeriot | 2012-01-01 16:45 | DAILY LIFE



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28