<   2010年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
懐かしいのと新しいのと
d0021590_12542290.jpg朝ぼーっと新聞をめくってたら「ボディショップ日本上陸20周年!20周年を記念して、みんなが大好きな名品を復刻しました」の広告が。そしてその復刻アイテムの中に、かつて私が大好きだった(廃番が決まった時に何本も買い置きした)グリーンアップルのシャワージェルが!!!きゃーっ(狂喜乱舞)!これはすぐにも買いに行かなくては!!
…というわけで、即効、銀座のボディショップへ行って買ってきましたよ。
ついでに、ミニボトルで癒された、L’OCCITANEのVerbenaシリーズのシャワージェルもげっと。

長く気に入ってたAYURAのアロマティックウォッシュの香りが、昨今ちょっと甘すぎると感じるようになってたので、新しいお気に入りが出来て良かった。

バスルームいっぱいに拡がるグリーンアップルの香りは甘酸っぱく、それを嗅ぐだけで懐かしい思いも甦ります。匂いってすごいもんやね。
[PR]
by cheeriot | 2010-10-23 23:59 | SHOPPING
現在、495m
自転車のおかげで行動範囲が拡大したので、ダンナと二人、スカイツリー(完成時期:2011年12月。完成時の高さ:634m(ムサシ))を見に行くことに。
久々に晴れたこの日は、周辺はスカイツリーに向かう人・人・人。皆、カメラ持って嬉しそうに、写真を撮ってます。
ぐるっと1周、色々な角度から撮った中ではこれが一番、全体が写ってるかな…?
d0021590_9175682.jpg
その後は、隅田川公園で作っていったお弁当を食べ、picnic終了です。
d0021590_9133752.jpg

[PR]
by cheeriot | 2010-10-23 23:58 | HOME (Around Home)
久々、名古屋
d0021590_911526.jpg名古屋出張のこの日、お仕事終了後、名古屋に住む、私たちの結婚式のウェルカムボードを作ってくれた友人に、ひつまぶしで有名な「蓬莱軒」へ連れて行ってもらいました。
このひつまぶし、美味しい!と思いつつ、でもメインは勿論、しゃべること!!会うのはこの時以来なので、話したいこと、教えてほしいことはまたいっぱい溜まってます。
途中、マリオットアソシアホテルのロビーラウンジ(Link先のまさにこの写真のソファで!)への移動を挟み、しゃべり続けること約4時間。
ほぼ最終に近い新幹線で帰京しました。
その後、無事、NY行けたかな?また会いましょう。
[PR]
by cheeriot | 2010-10-22 23:59 | FUN
WoW!
待ちに待った晴天!
ダンナの友人F夫妻の新居で、高い肉を使ったすき焼きをしよう!ということになり、朝から浅草は雷門斜め前の「松喜」へ土日限定特売の松坂牛を買いに、届いたばかりの自転車に乗って出かけました。
さらには、調子に乗って彼らの住む豊洲方面まで自転車で向かいます(お尻痛い(涙))。
久々にF夫妻に会ったら…あれ?Aちゃんオメデタ?!
「男の子?女の子?」と聞いたら、「両方」との答えが。
きゃーっ!双子なのね!!見事、二人の思惑通りのサプライズとなりました^0^
でも双子は色々リスクが高いんだとか。また、予定日は3月だとはいえ、1月以降はいつ生まれてもおかしくないのだそうです。Aちゃんはモデルさんみたいなスタイルの良さで、すごく細いので、余計にFくんは心配なんだと思われます。。。
母子ともに無事に産まれてきてねーーーーー!!Aちゃん、がんばれー!!!
[PR]
by cheeriot | 2010-10-16 23:59 | FUN
行動範囲拡大!
d0021590_014898.jpg
結婚して3年が経った今年の9月13日。3周年記念兼お互いへの今年のBDプレゼントとして、お揃いの自転車を色違いで購入することに。
発注から約1カ月。ついにこの日、我が家にも文明の利器が導入されました!!

ずっと大阪で乗ってた自転車(この自転車については、コチラコチラ参照)は、購入以来もう20年お世話になりっぱなし。
今回買ったこの自転車にも長くお世話になりたいもんです♪
[PR]
by cheeriot | 2010-10-14 23:59 | WEDDING
世界で一番ウマいと思う
 お昼にいただいた熊本ラーメン(黒亭。焦がしニンニクの香りとコクの強さに、最初たじろいだけど、慣れるにしたがって美味しく感じる)とは一転、夜は豪勢に!
 ここ、菅乃屋さんの馬刺し(トロか霜降りね)は、父の熊本出張土産で知ったんだけど、これ以上ないぐらいに絶品!!目下、cheeriotが世界で一番好きな食べ物。
熊本行って、この聖地でお腹いっぱい馬刺しを食べずに帰るなんて、あり得ない!!!
というわけで、見てこの写真!美味しそうでしょ。美味しいのよ。食べたら幸せになれること間違いなしの、これぞまさにパワースポット!!後日、カードの明細見て泣きそうになりましたが。(←これは菅乃屋さんのせいではない。)
d0021590_1150536.jpg

[PR]
by cheeriot | 2010-10-12 23:59 | TRAVEL
清正公と銀杏
d0021590_11341430.jpg
「熊本行くなら絶対行きたい」とずっとダンナが言ってた場所、熊本城。
行きたがってただけあって、お城のスタッフさん達と色々話し込んでました。
私は熊本城行くのは、中学3年の修学旅行以来だから、20年ぶり?!もう20年も経ったのかー。
[PR]
by cheeriot | 2010-10-12 23:58 | TRAVEL
いい湯だな♪えぇ、そりゃもう本当に!
高千穂辺りにいい温泉はなかろうか、と前に買った地図をダンナと眺めてて見つけたのが2001年~2003年頃、一大ブームになった温泉、黒川。
良さげな温泉宿が幾つもある中、温泉の写真を見比べ(このサイトで一覧比較も可能)、そこに予約状況とお値段を加味して選んだのが黒川荘です。

行ってみたらこれが大正解!お部屋はこの通り、とっても素敵だし(縁側から部屋を撮りました。縁側大好き^^)、
d0021590_11503134.jpg
ご飯もどれ食べても美味しいの!!
d0021590_11552846.jpg
そもそも、黒川温泉ブームのきっかけになったのは、それを持っていれば3軒の旅館の露天風呂めぐりができるという「入湯手形」なんだけど、黒川荘はそれを楽しむには街中から離れてるのね。
だけどここのびょうぶ岩風呂の素晴らしさと言ったら!!乳頭温泉鶴の湯以来の感激かも。広さ、温度、景色、雰囲気等、全て◎で、嬉しくなって一人で1時間以上入ってました。

 あ、でも黒川温泉の街歩きはしましたよー。
 東京等の遠方からここだけを目当てにわざわざ行くようなところではないけど(そもそもそれをさせるだけの温泉がどれだけあるかは?だけど)、近辺を旅してるなら、アクセスの悪さに目をつぶってでも行く価値アリだと思います。ブームを過ぎてるからこそ余計に。
ちなみに、全部の宿を見たわけじゃないけど、外から見る限りで、街中で泊ってみたいと思ったのはふじ屋さん。決め手は、建物廻りに滲み出るセンスの良さ、でした。
[PR]
by cheeriot | 2010-10-11 23:59 | TRAVEL
火口は初めて
車という移動手段を持たない我々が黒川温泉へ行くには、九州横断バスに乗るしか選択肢はありません。そして九州横断バスは一日4便しかなく、時間的にちょうど良いバスは、阿蘇火口遊覧付き(付きって言ってもその分値段がアップするけど)!
…というわけで阿蘇へ行って来ました。前回行ったのは、中学の修学旅行の時。でもその時
は火山活動の兆候ありとかで、草千里までしか行けなかったので、ロープウェイで火口へ行
くのは今回が初めて。
↓鮮やかなエメラルドグリーンの「湯だまり」(主成分は鉄)。平時の温度は50℃くらい。火山活動が活発になってくると、量が減少して温度も90℃前後になり、色も灰白色→灰色→黒灰色等と変化するんだとか。
d0021590_11312611.jpg
↓火口付近はこんな風に遊歩道があります。
d0021590_11313496.jpg
↓右端に見えるのが、ロープウェイ(の線)。ちなみに、ロープウェイの阿蘇西駅で売ってる火山灰ソフトクリームは美味しい♪
d0021590_11314116.jpg
↓秋だからか、すすきがいっぱいでキレイ
d0021590_1132639.jpg
ところで、「阿蘇山」って一つの山じゃなくて、阿蘇カルデラ内の火山群全体を指すのね(カ
ルデラって何?と思った方は、コチラ参照)。知らんかった。
&後で知ったんですが、こちらも火の国熊本の象徴ということで、やっぱりパワースポットなのだそうです。
[PR]
by cheeriot | 2010-10-11 23:58 | TRAVEL
その名は、ゆうすげ
南阿蘇鉄道トロッコ列車ゆうすげ2号
3月~11月の土日祝に、高森-立野間17.7kmを小1時間かけて走るこの列車に乗るため、
私達は前夜、高森に泊ったのだ。
 ※高森中央と高森駅は離れているので、AM8:31に高千穂BCを出るバスに乗って、AM9:45発のゆうすげ2号に乗れるかというと、リスクが高いと思う。また、実際に高森に泊まり、朝、高千穂とはまた趣きの違う食事と、オープンな空間での早朝散歩を楽しんだ後なので、余計に私達としては高千穂1泊、高森1泊にして良かったと思う。
d0021590_22365753.jpg
窓ガラスのないこの列車、すっと客車を通り抜ける風がとても気持ちいい。またちょうどこの時期、たわわに実った黄金色の稲穂の景色がずっと続き、春の桜並木とも晩秋の紅葉ともまた違う、ニッポンの秋の美しさを感じさせてくれる。
d0021590_22372576.jpg
そして旅のハイライト、白川鉄橋より臨む白川渓谷のスリリングなこと!
d0021590_22374418.jpg
なお、白川渓谷は立野駅の近くに位置するので、立野→高森行きに乗るより、高森→立野行きに乗る方がおススメです。

ダンナと二人、すっかり子供の顔に戻って大興奮!
いい旅でした。

ちなみに、立野から九州横断バスに乗る場合、バス停は立野駅から徒歩10分弱のところにあるのでご注意ください。また、今回私たちは、立野のバス停(”茶やもと”というレストランの前)で、時間になっても現れないバスを30分以上待ちました。立野のちょっと前が一本道らしく、道が込む日は、いつ来るか分からないバスを来るまで待ち続けることになるようです。
[PR]
by cheeriot | 2010-10-11 23:57 | TRAVEL



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31