<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
朝はまた来る
今日、自分の会社が不渡りを出す、という日
人は、家族は何を思うのだろう。

できることをしつくした後は
いっそ淡々とその日を迎えるものなのだろうか。

願わくばこれを読んでくれてる皆さん、そして私自身に
そんな日が来ることはありませんように。
[PR]
by cheeriot | 2006-03-31 23:59 | DAILY LIFE
お泊りお泊り♪
d0021590_1343084.jpg前夜、GGと神戸・三宮のローカル中華店で激ウマ餃子を食べ、その勢いでいきなり、GGの泊まってるホテルに泊めてもらうことになりました。
夜遅くまで色々話し、朝は窓が大きく、とても明るい1Fレストランでいわゆる「ホテルの朝ごはん」をいただく喜び…。
わーい、たのしーい\(^O^)/
GG、どうもありがとう!

そのまま学校に行ったトコロ、授業中、いきなり指名されて10分程プレゼンする羽目に陥り、眠気も吹き飛びました…;;
[PR]
by cheeriot | 2006-03-28 23:59 | FUN
アンフェアなのは誰か。
d0021590_130441.jpg「世の中にはフェアな事なんて何もない。
 目には目を。
 復讐には復讐を―
 アンフェアにはアンフェアを。」

終わってしまいました。今クール、とても楽しみに見てたドラマ、「アンフェア」。

主要キャストの一人である香川照之さんも、
「ここ数年で一番台本をもらうのが楽しみだったドラマ」と
コメントされてたぐらい、毎回おもしろくいつも次週が待ちきれませんでした。

ドラマ見てすーぐ感情移入しちゃう私は、最終回は涙涙。
ただし、1つ疑問。
蓮見は何にアンフェアを感じてたのか?
自分が不倫関係にあることについて?
他の人が感じてたアンフェア度と比べると若干劣る気もするのだけど。

とはいえ。

 安藤の遺体があった場所に寝転び
 彼が最後に見た景色を見ようとしたそのとき
 雪平は、何かに気付く…。

これって、スペシャル用?
    or パート2用??
どっちでもいいけど(いや、出来ればパート2がいい!)、
早く見たくてたまりません!!
[PR]
by cheeriot | 2006-03-21 23:59 | INTEREST
小旅行
d0021590_1192179.jpg色々あったけどいちお、三年ってことで、相方さんと
京都は高雄の温泉旅館、もみぢ家さんに1泊しに行きました。

ホントはここ、春の桜、夏の川床、秋の紅葉、冬の雪景色が
それぞれ有名なとこなのだけど、行ったのは3/19という
ちょっと中途半端な時期。
まぁ目的はゆっくりすることだからいいよね、と話してたの
だけど、着いた頃から舞いだした雪のおかげで、結果的に
なんとも風情ある、山あいでの週末とあいなりました。


d0021590_120892.jpgd0021590_1202653.jpg








海外行くのも大好きだけど、こうして純和風旅館でおこたに入ったり、
露天風呂に入りながら、ほっこりするのもまた素敵。
うーん、また行きたいわヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ
[PR]
by cheeriot | 2006-03-20 23:59 | FUN
最終日
法律事務所での研修が無事終わりました。
裏レポートばっか書いてたので、最終日ぐらいはちょいと表レポートを。

今回、私を指導して下さった先生の方針は、「せっかく研修に来てるんだから&10日間しかないんだから、机の前に座って起案してるより、出来るだけ多くの種類の弁護士業務を自分の目で見て行きなさい」というもの。

このありがたい方針のおかげで、私は、大事務所=所属弁護士数が多い&得意分野が多い&客層が広い
    ↓
10日間という限られた時間であるにもかかわらず、多様なケースが発生している。
しかも、私を指導して下さった先生が、あらかじめ、全所属弁護士さんのこの10日間の予定を調べて、私が一番多くの種類のタスクを見れるように大体のスケジュールを作っておいて下さった
    ↓
それに加えて、先生方&事務局の皆さまが、とても面倒見の良い人達で、席に座ってたら、法廷やMTG、ご飯などに気軽に誘ってくれたり、気分転換がてら話しに来てくれたりしたので、カタイ話からヤワラカイ話まで
色々聞かせてもらえたわけです。

正直私だったら、2週間という中途半端な期間、見学に来た学生を預けられたら扱いに困るし、めんどくさいと思う。
それが分かるから、今回ここまで面倒を見ていただけ、得がたい経験をさせてもらえたことを本当にありがたく思います。

今回お世話になった先生方に、ちゃんとご報告に行けるよう残り1年がんばらねば。
そう思った次第です。
[PR]
by cheeriot | 2006-03-17 23:59 | SCHOOL
声がデカイのは有利
という法則は、この業界にもあてはまることを確認。
ついでに、ホワイトデーをやる習慣があることも確認した次第であります!
[PR]
by cheeriot | 2006-03-14 23:59 | SCHOOL
裁判官には、なれない。
研修6日目の実感。
つくづく自分には裁判官は出来ないと思う。
(なりたいと思ってなれるもんじゃないけど。)
じーっと一日中、人の話を聞いてるなんて辛すぎる。眠すぎる。

But 昨今、裁判官志望者は増加傾向にあります。
理由は簡単。弁護士として食ってく自信がないから。
裁判官は公務員だからね。

よって、裁判官は今でも最難関。
(昔は昔で、司法試験の合格者の中でもエリートのみが青田刈りされた世界だった)

でも私は思うのよ。
これから裁判官の過労自殺が増えるって。

なぜか?
今まで裁判官は比較的、裁判所内・法律家の論理の中で判決を出せばよかったから。保守的&一般人の感覚からはかけ離れた判決も多かったし、それが許容された。

でも最近は、ヘタな判決を書くと新聞に大きく載ってしまう。
世論の袋叩きに遭いかねない。
でもそもそも裁判官なんて基本的に保守的な人種。
自分がそんな目に遭うのは耐えられない。

かといって国に不利な判決を書く場合は(特に自衛隊絡み)、次の赴任地について、それなりの覚悟が必要。

弁護士は、自分が嫌な事件なら断る自由がある。
が、裁判官にはそんな自由はない。
because 裁判を受ける権利が憲法で保障されてるから。

とすると、裁判官は、自分が嫌な事件に当たらないように祈ることしか出来ないのではないかしら。
いくら、自分の法廷内で裁判官が「カミサマ」で、イライラを自由に(?)弁護士やら原告・被告やらにぶつけられるとはいえ、このストレスは相当なものだと思うのよ。

しかも裁判官の1人当りの担当事件数が増加しているにも関らず、予算の関係で裁判官の人数は増えないし。

ま、一般国民からすると、いい判決が増える結果につながるからいいけどさ、自分が裁判官を志望することだけはないなぁと思う次第です。
[PR]
by cheeriot | 2006-03-13 23:59 | SCHOOL
友人の結婚式
d0021590_0484669.jpg大学時代のゼミ仲間で、去年の9月に入籍していた友人が本日めでたく結婚式並びに披露宴を開きました。
私達のゼミからは、懐かしいゼミ仲間が10名+教授が出席。


d0021590_049192.jpg「ドレスコード:フルドレス」「場所:北野クラブsola」、という招待状の言葉から(※注:北野クラブは、関西では結構有名なハコで、色々な雑誌やメゾンが関西の顧客を招いて開く正装パーティーの会場によく選ばれてるとこなのです)、前日までゼミ生同士、何を着ていくか打ち合わせ。

迎えた当日は快晴。素晴らしい結婚式日和。
わくわく向かった式場には、久しぶりに会う友人達と幸せそうな新婚夫婦。
そして、やっぱりというか何というか、いつまでたっても現れない我らが教授(-_-#)
(新郎側の挨拶するの、彼なのに!ハラハラドキドキ)

まもなくお開き、というところで教授が登場。
そのスピーチは相変わらずとっても上手なのだけど、終るや否や、真っ先に帰ってしまって行方知れず。
「cheeriotがゼミの飲み会に呼んでくれない」とあちこちで嫌味言ってるクセに、自分はこれかよぉ。
あまりの相変わらずぶりに、タメ息つきつつ、諦めモード。

ま、そんなことはおいといて、宴の話。
私は新郎側の友人なのだけど、今回の式に出席させてもらって「あぁ、いい奥さんもらって、良かったなぁ」と心底思いました。
夫婦としての二人のバランスがいいの。
少し身体の弱い彼なので、彼女のようなしっかり者の奥さんがついて支えてくれるのは、私達新郎友人サイドとしては(余計なお世話だけど)とても安心します。
ホント、幸せになってね!

さて、ウチのゼミから次に結婚するのは誰かなー。
最近プロポーズした&来年結婚予定のSかなー(と情報漏洩。笑)。
その前に誰かの電撃があるかなー。

BTW、偶然式場でゼミ外の友人2人と再会しました。
しかもうち1人は別のローに通ってるとのことで、早速、情報交換。
話を聞くにつけ、うらやましすぎて涙が出ます。
やっぱローのキーは学校選びだわね。
[PR]
by cheeriot | 2006-03-11 23:59 | FUN
弁護士さん達の日常
今日は、弁護士さん達の休暇や日々の過ごし方について。

法人化している事務所はともかく、組合型の場合、弁護士には有休という概念はありません。
仕事がなければ休んでいいの。

とはいえ、私が見た感じでは皆さん、とってもハードワークで毎日9時半頃出社、終電帰宅。
土曜も基本的に仕事で、日曜だけが休める日。
独身弁護士さんなんて引く手あまただろーに合コンなんて行ってるヒマなんて全然ない。
なのに既婚率高めなのは、なぜなのでしょう??
(自分が合格するまでの間、支えてくれた人と、合格2年目ぐらいで結婚!というのが王道らしい。)

一日のスケジュールもなかなかハードで、10:30、13:30、15:00、16:30の時間割(?)のうち、少なくとも1日3コマはアポが入ってます。
 ( 10:30~大阪で民事の弁論準備、
   13:30~神戸で刑事事件の最終弁論、
   16:30~事務所で法律相談、
   夜は事務所でデスクワーク、        
  みたいな感じ。)

破産事件が入ろうものなら、会社の規模にもよるけど1週間~1ヶ月近くは自宅に帰れない日々が続いてしまう。

こんなハードスケジュールは若手だけか、というと決してそうではなく、10年目、20年目の先生方もこんな感じ。
よって某10数年目の先生の結論:
「自分で独立せん限り、ゆっくり仕事をするのは無理やろなぁ。」
 (※注:独立の自由には、飢死する自由も含まれる)

そいえば大阪の某名門法律事務所の弁護士さん達の離婚率も高いよなぁ(忙しすぎて奥さんが愛想尽かして出て行くらしい。合掌)。。。

じゃ、定年は?
これについては、自主定年(=もう仕事したくない!と言って自分から辞めるケース)と強制定年(=お願いだからもう辞めて下さいと言って辞めてもらうケース)が一応あるそうなのだけど、後者に該当する人はさすがにいないとか。
つまり、自分が辞めようと思わなければ定年はないみたいです。

昔はもっとラクな商売だったみたいだけど、最近は弁護士さんたちも大変ですね。
[PR]
by cheeriot | 2006-03-10 23:59 | SCHOOL
うぉお(゚o゚;)
裁判所で官僚答弁始めて見た!
「yesかnoかだけ答えて下さい」と4回も言われたのに、それに答えず乗り切ったわ!
しかも2セットも。
すごーい。あのワザ習得したーい!!
[PR]
by cheeriot | 2006-03-09 23:59 | SCHOOL



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31