<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
スペインな夜
神戸三宮に、私が以前友人から教わったおいしいスペイン料理屋さん、TAPAS & WINE IZARRAがあります。
そちらで上海帰りのGGと11月以来の再会。
(blogあるおかげで11月以来なようには思えないんだけどね。ちなみに前回の彼女はハワイ帰りでした。笑)

私が10年前の96年10月に行った時の上海は、人民服を着てる人はさすがにもういなかったけど、女性の口紅はまだ赤かった。
今はどう?と聞くと、「すごいオシャレよ。綺麗な人も多かった」とのこと。
うーん、いいな、行ってみたいな、今の上海。
上海料理もおいしいもんね。(私は、中華の中では、潮州料理が一番好きですが、上海料理も二番目に好きです。)

久しぶりにGGから以前勤めていた会社の話を色々聞く。
もう辞めてから2年たったんだなー。
早いものです。。。
でも辞めた後もこうして会って、どんな話でも出来る同期がいることを嬉しく思います。
[PR]
by cheeriot | 2006-02-27 23:59 | FOOD
還暦過ぎた男のカワイゲ
d0021590_9392111.jpgよく行く焼肉屋のマスター。6X歳。男。
先日、行ったら、ちょうど雨の日で客足が鈍く、ヒマだったのか、
私達のオーダーに対し、肉と野菜で顔を作って(→)出してくれた。

もーすぐ完成!ってところで来た常連のお客さんに爆笑され、
まるで悪戯を見つかった子供のようなテレた笑いを見せた。
なんだかかわいかった。

ちなみにこのマスター、口癖は、「勉強してて辛くなったら俺の顔思い出すんやで」
[PR]
by cheeriot | 2006-02-26 23:59 | FUN
ミュンヘン
ミュンヘン
/ 東芝EMI
スコア選択: ★★★


見てきました、ミュンヘン
後半、重いっ!
But 主役のエリック・バナが夕暮れに佇む姿がセクシーすぎる!
単に立ってるだけなんだけどね。それがすごくいいわけです。

ストーリー展開としては、ちょこちょこ暗喩を使ってるつもりがくどくなってたり、伝えたいメッセージが分かりやすすぎたり…と、まぁスピルバーグだな、ってところもありましたが、
逆に全世界の出来るだけ多くの人に誤解させずにメッセージを伝えるためには、ここまで分かりやすくしないと無理なんだろうとも思えます。
なんか伊丹十三さんみたいね。

ま、そんなわけで★は3つ、かな。
[PR]
by cheeriot | 2006-02-25 23:59 | INTEREST
ファンデ使用量 (ё_ё)
女性陣に質問(いや、別に男性でもいいけど)。
1コのファンデーションをどのくらいの期間で使い切る?

多くの化粧品会社は、春夏用/秋冬用で新製品出すやん?
皆、この期間で使い切ってる?
それとも、残った分を翌年の春夏にまわしてる?
それともそれとも、シーズン関係なしに使い切るまで使い続ける??
気分転換兼ねて色々使ってる?

この時期、色々な女性誌でファンデ特集やってるけどいっつも不思議なのよね。

目もの・口ものみたいなメイクものは、皆、使い切ってないものがごろごろごろごろあると思うのだけど、ベースってどうなんだろと思ってさ。

私自身は、いつもオールシーズン使える(と勝手に思ってる)ものを1年半弱で1つ使い切るぐらいだと思う。

だけど、この秋冬は、サンプルとしてもらったパウダリー2個で乗り切れてしまいそうだから、実はもっと少ないのかもしれない。。。
(確かに今年の秋冬、私はズボラして、よくすっぴん+日焼け止めで学校に行ってたけど。 ←社会人ちゃうからね。とはいえ、味をしめたので、春・夏もサンプルで乗り切る予定。)

んなわけでちょっと興味があった次第です。。。
[PR]
by cheeriot | 2006-02-21 16:42 | SHOPPING
映画講評
CASSHERN
/ 松竹
スコア選択: ★★★★★

先日テレビでやってた、「CASSHERN」、
何の気なしに見ていたらこれがおもしろい!
(目を離すと、ストーリーについていけなくなるけど。笑)
焼肉屋でつい最後まで見てしまいました。

公開された時にえらい叩かれてたけど、それは、監督が宇多田ヒカルのダンナだってことが、余計な先入観を与えてしまったからだと思うな。

だって、よぅこんな映画撮ったなぁ;っていうぐらいにすごい映画だったもの。
迫力、様式美の追及、実は深い話の展開という点で。
制作費、6億だったらしーのだけど、どうやってこれを6億で撮ったのか分かりません。CGもすごいけど、役者も豪華だよ、これ。

ただヒーローもんであるにも関わらず、決して子供向けの映画ではない、ということだけ最後に注意。
というわけで久々(?)に★5つ!
[PR]
by cheeriot | 2006-02-19 23:59 | INTEREST
彼もまた。
先日、ローの教授が1人逝去された。
67歳だった。

私は前期に彼の授業を受けたのだが、これがひどいのなんのって。
1時間半の授業の中で、彼が内容のある話が出来たのは、毎回15分もなかった。
病気だったから、である。

一人で立ち上がることが出来るのは稀。
しかしたまにバスに一人で乗ってるのを見かける。
その病状の深刻さがどの程度なのか、正直よく分からなかった。

彼はその道の大家といわれる人で、私の通うローが彼を教授として雇い入れたのは、そのネームバリューによって、文科省の設立認可を受けやすくするためだったと聞く(結果的に殆どの大学が設立認可を受け、今日の混迷につながっているのだが)。

各学期末、学校側は、生徒に各科目の授業アンケートを行う。
彼が受け持ったクラスの生徒は、皆、正直に「ひどい」と書いた。
「ゆっくり休んでください」と書いた生徒もいたし、ボロカスに書いた人もいる。教授会にどなりこんだ元社会人もいる。

人伝てに聞いた話によると、それを見た教授は怒り狂ったらしい。
そりゃそうだ。
彼ほどの大家になると、学界で真正面から批判されることなんてないだろうから。
「ブレイ者!」ってなモンである。

後期は「体調不良のため」違う先生が来た。
素晴らしい先生だったので、ホッとした。

亡くなられたと聞いて、クラスメートと、弔電を送るかどうか話し合った。
本来送るべきだ。
しかし、我々の非難が、まだ若い彼の急激な病状の悪化の一因だ、というのはいかにもありそうなことである。
体調が悪い時に、60人弱もの人間から、自分のライフワークである専門分野についてどぎつい非難を受ける、というのは、いくらそれが高給の見返りであり、さらには自分のせいであってもあまり気持ちの良いものではない。
生徒にとって正当な非難であることは、ご家族にとってあまり意味をなさないだろう。

とはいえ賛成多数で送ることになり、ネットで文面を探していたら、「ゆっくりお休みください」というのがあった。
前述の学生は、自分が書いた言葉を後悔していた。

この教授は、もし、ローの教授になられなければ、晩年こんな不快な目に遭うこともなく、名声の中、死ねただろう。
引受けた自分が悪い、と思うかもしれない。
でも彼があまりにも有名な教授であったがために、たとえ私の通うローが雇わなくても、他のどこかのローに必ず雇っていたと思う。
まだ実績、という学生呼び込み材料がない現在、どこのローも一人でも多くブランド教授が欲しいからである。
その意味で、彼もまたローという新制度の犠牲者の一人なのだろうと思う。

ご冥福を祈ります。
[PR]
by cheeriot | 2006-02-18 23:59 | SCHOOL
よ、良かった…
期末試験、今年は無事全て合格できました(ホッ…) m(_ _)m 

とはいえ、あくまで「なんとかパスできた」レベルなので、
解説と自分の答案を見比べ、ため息ばかり。

課題山積。
 春はまだまだ遠いなぁ…。
[PR]
by cheeriot | 2006-02-15 12:46 | SCHOOL
見れなかったので。
大学ゼミからの友人Fと有頂天ホテルを見に行くことに。
が、チケット売切れのため、見れず。
すごいなぁ!40分も前に行ったのに!!

そこで、糖朝の梅田店に行きました♪
このお店、本店は香港にある、有名な甘味ドコロ。
でも実は、お店に行くと、甘味を食べてる観光客より食事をしてる地元民の方が多かったりする…。
なぜならここは麺&食事も結構いけるから。

夕食にイタリアンを予約してたので、久々にここでマンゴープリンと仙草ゼリーwithマンゴーを頼み、二人で分け分けしました。

いや、おいしい。
マンゴーもプリンもイケる。
仙草ゼリーも単体で食べると苦味が残るけどマンゴーと食べるとんまい!
そーいや、梅田の地下においしいマンゴー専門店があったよーな。。。

さてさて、デザートも終わり、食事をしに(なんかヘンな順番。笑)
本町の「トラットリア イーちゃんの店」へ。
以前ネットで見つけて以来、ずっと行ってみたかったの。

いただいた食事はどれもおいしかったのだけど、特に、白子に、かぶをすりおろしたものとメレンゲを和えたものをふんわり載せて、上に菜の花を散らした前菜が絶品。
意外な組み合わせなのにね。

今度はもっと大人数で行って、テーブルいっぱいお皿並べて色々な種類のものを食べてみたいと思いました。

d0021590_140232.jpg
そして最後に出てきたミルクティー。
へえー、私、初めて見た。
カプチーノの泡部分が、ミルクティーに載せられてるの。(写真は、私がちょっと飲んじゃった後のもの)
嬉しいな、この意外性。ミルクティー頼んでよかった!と思ったわ!

…と食事の話が長くなりましたが、やっぱりgirl's talkは最高♪
彼女と会えたのは10月以来?
映画見れなかったのは残念だけど、その分、たっぷり6時間程色々な話が出来て、とても楽しかった!
次回会うのが今から楽しみです ^0^ 
[PR]
by cheeriot | 2006-02-11 23:59 | FUN
おすすめは緑のケープ
届いたアイビル38mm。
早速使ってみる。

そして学校へ。
会ったのはこのブログによく登場してくれる友人E。

出会いがしらの一言が
「cheeriot、あまいっ!」

だって自宅から最寄駅までチャリで15分飛ばすんだもん…
と言い訳する私もなんのその。

E「巻きがとれるのは、スタイリング剤を使いこなせてないからやで」
C「だって付けすぎたら、髪がカチカチになって手櫛が通らんやん」
E「まさか青のケープ使ってないよね?」
C「いや、ピンクのん。」
E「ピンクのんは、WAX入ってるからベタベタなるよ。
  ふんわり仕上げたいなら緑のケープ、
  見た目重視な日は青のケープって使い分けるの!」
C「ほぅ」
E「毛先を束にするのに使うのは、アリミノ スパイスシスターズ ソフトワックス(オレンジ)
  がいい感じ。そこまでしたらチャリにも負けない巻きが出来るから」
C「なるほろ!」
E「南女巻きはねぇ、触ったらガッチガッチに固めてあるんだよ!!
  見た目最重視だから!!」
まー、皆さん、苦労してますなぁ。。。

…と、私の巻き髪への道は遠いのか近いのか分からないけど
なかなか楽しげです。

にしても。
会う友人会う友人、
「cheeriot、髪型変えたのね!」
「なんか感じ変わってない?」
と、一応気付いてはくれるんだけど、そこで会話は終わってしまうのはなんでやろ。
よっぽどヘンなことになってるのに、本人だけが気付いてない、とか?(ありそうで怖い)。
[PR]
by cheeriot | 2006-02-10 23:59 | SHOPPING
悪いのは道具。
さて、髪型を変えた結果、「巻く」行為が必要になった私の頭ですが、今まで、いわゆる「ハレ」の日以外に「巻く」なんていう高等技術をしたことのなかった私の手と髪は、全くもって私のいうことなんて聞いてくれません。
(※注:「ハレ」の日は、私以外の手により巻かれてました。)
おかしいなぁ、美容院のおにーさんに、ちゃんとやり方教わったのに。

というわけで、私は責任回避をすることにしました。
ネットで検索すること小1時間。

結論: 悪いのは道具。

早速、アイビルの38mmのコテを楽天で購入。
到着が楽しみです。

さて、皆に次に会う時の私の髪型は、巻き髪姿か、ショートカットか(笑)、どっちになるのやら。
[PR]
by cheeriot | 2006-02-07 23:59 | SHOPPING



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31