カテゴリ:INTEREST( 92 )
真一文字の会
春風亭一之輔さんの恒例の落語会があったのでダンナと二人で行ってきました。
一之輔さんといえば、先輩21人を抜いて来春真打ちに昇進することが決まっている、若手実力者。御年なんと33歳!
そんなわけでファンも落語ファンにしては多少若めな方が多いのか、開始時間も19:30~@内幸町ホールという、仕事帰りのサラリーマンが駆け付けられる時間・場所となってます。

今日は下に書いたとおり、ちょっと変則的になったんだけど、噺は相変わらず上手でおもしろく、前々から検討していた、一之輔さん後援会への参加をその場で決定し、二人分の会費も払ってきました。
来年が楽しみです♪

【 本日の番組 】
道灌       立川こはる
家元を偲んで  春風亭一之輔
 ※開始まもなく過呼吸になり退出されたお客様がおられた関係で、急遽、1本目は落語を取りやめ、昨日亡くなられた立川談志さんのお話に。
錦の袈裟     春風亭一之輔
 仲入り
尻餅       春風亭一之輔
夢金       春風亭一之輔←つい先日、市馬さんのを聞いたばかりなのでまた面白く。
[PR]
by cheeriot | 2011-11-24 23:59 | INTEREST
市馬落語集@鈴本
d0021590_22232214.jpg仕事あがりに柳亭市馬さんの落語会へ。
遅れて行ったらチケットは完売、立ち見がいっぱい。

本日の番組
 開口一番  柳亭市也
 宗論     柳亭市馬
 ?       柳亭市江
 大工調べ  柳亭市馬  ←ここで入場
    仲入り
 面白音楽  めおと楽団ジキジキ
 夢金     柳亭市馬

市馬さん、おもしろいなぁ。。。 
ちょっとアホなコが出てくる落語が最高♪

でも18時スタートは厳しすぎです。。。
[PR]
by cheeriot | 2011-11-15 23:59 | INTEREST
日本演芸若手研精会 霜月公演
二つ目の噺家さんたちによる落語会、「日本演芸若手研精会」の11月公演へ。

今日の番組・演者は、
 小粒       春風亭一力
 鷺とり       柳亭こみち
 芝居の喧嘩  柳亭市楽   
 湯屋番     金原亭小駒  
  - 仲入り -
 お菊の皿   入船亭遊一  
 天災      古今亭志ん吉
です。

私が見たのは、3つ目の「芝居の喧嘩」から。
市楽さんのこれを見るのは、実はもう3回目(最近、ずっと練習されてるのでしょう)。
でも今回はちょっと口がまわってなかったような…。

今日のベストは何といっても遊一さんの「お菊の皿」。
見事でした。
(※こみちさんも良かったそうです。)
[PR]
by cheeriot | 2011-11-09 23:59 | INTEREST
市馬落語集
仕事を途中で抜け出して、日本橋社会教育会館ホールにて、市馬さんの落語をしばし楽しむ。市馬さんは一体何人の声音を使い分けられるんだろう?すごいなぁ。

本日の番組:
  一、 芝居の喧嘩 / 柳亭 市楽
  一、 二十四孝
  一、 風呂敷
  一、 不動坊
[PR]
by cheeriot | 2011-10-14 23:59 | INTEREST
春風亭一之輔独演会
この忙しい中、まるで自分で自分のクビを絞めるかのように、でもチケット買ってた下谷寄席(@下谷神社)にダンナと一緒に行ってきました。

一之輔さんは、最近、「平成22年度文化庁芸術祭新人賞」を受賞&来春の真打昇進が決まったとのことで今回はそのお祝いの落語会とのこと。
さすがに上手でおもしろかったです、が、終わった後、色々な疲れがどっと出てきました…。
明日でとりあえず、一つのヤマを越えれるはずなんだけど。

本日の番組:

前座: つる   桂 宮治(←”枕”が上手だった)
一、芝居の喧嘩  柳亭 市楽
一、黄金の大黒  春風亭 一之輔
   中入り
一、悋気の独楽  入船亭 遊一
一、明烏       春風亭 一之輔
[PR]
by cheeriot | 2011-10-06 23:59 | INTEREST
日本演芸若手研精会 第361回 長月公演
旦那と二人、二つ目の噺家さんたちによる落語会、「日本演芸若手研精会」の9月公演に行ってきました。
今日の演者・演目は、
 前座: 「転失気」 入船亭 辰じん
 その後、
   ・「黄金の大黒」 春風亭 一之輔
   ・「ぞめき」 柳亭 市楽
   ・「甲府」い  柳亭 こみち
  仲入り
   ・「饅頭怖い」 古今亭 志ん吉
   ・「薮入り」   入船亭 遊一

仕事の都合で、私が見れたのは「甲府」からでしたが、柳亭こみちさん、おもしろかった♪
前売りだと1000円な上に、会場である日本橋劇場が家の近くなことから、今後、行ける月は行くことになりました。とりあえず、直近は霜月に行く予定。
[PR]
by cheeriot | 2011-09-20 23:59 | INTEREST
市馬落語集
以前見た市馬さんの落語が楽しかったので、旦那と二人、また、彼の落語を見に行ってきました(しかも開演前に、会場で売ってた次の回のチケットまで買ってしまった)。
今回の演目は、「夏の医者」と「三軒長屋」。
しかも、前座さんが「元犬」という、以前私達が住んでたところの近くにある蔵前神社ゆかりの噺をしてくれ、さらに楽しさup。
やっぱ笑うのはいいですな。また行こーっと。
[PR]
by cheeriot | 2011-08-19 23:59 | INTEREST
リベーンジ!
先日の根津美術館が不完全燃焼だったので、リベンジ!ということで、4/5~5/15→5/1~6/12に会期が変わってた写楽展@東京国立博物館の平成館に旦那と行ってきました。こっちはチャリで20分ぐらいで行けるのよね♪
d0021590_13481449.jpg
写楽といえば、“その正体は誰か”という謎解きが、その売り出し方等とも関連して面白くてならず、私も過去に何冊も本を読んでいて、今回のように彼の作品のほとんどが展示されてる展覧会は超!貴重。しかも彼の絵はその多くが版画だから、同じ絵が何枚もあり、保存状態によって色合いが全く違うの!これがまたおもしろい。
さらには、大首絵を歌舞伎のストーリーを交えて紹介するコーナーのおかげで、よく教科書等で見た絵がどこのどういう人だったのかも分かり普通に面白いし、他の人気浮世絵師が描いた同じ歌舞伎の同じ場面の絵が並べて展示されてて、互いの影響とかも伝わってくるの。
これらは同じ絵が何枚も残ってるという特性を活かした展示方法で、面白いな、と思いました。
展覧会を出る頃には、写楽をそんなに知らなかった旦那もすっかりハマって、二人で満足。はい、完全燃焼です。
[PR]
by cheeriot | 2011-05-15 23:58 | INTEREST
幻の「KORIN展」
2月に両親と根津美術館に行った際に、今春、「KORIN展」こと尾形光琳の展覧会が開催されることを知り、混雑間違いないので、強制休暇のこの日、旦那といそいそ行ってきました。
が、エントランスで撃沈↓。
d0021590_13131959.jpg
まぁそのおかげか、人があまりいない中、ゆっくり燕子花図屏風を満喫することはできましたが。。。

家に帰ってネットチェックしたら、確かにこの通り_| ̄|○ ガクッ
http://www.nezu-muse.or.jp/popup_4.html
ちゃんと調べて行かなあきませんな。
[PR]
by cheeriot | 2011-05-11 23:59 | INTEREST
マサヨシを聞きながら
ダンナと二人、山崎まさよしさんのデビュー15周年記念の「ONE NIGHT STAND TOUR 2010-2011」@NHKホール(←紅白歌合戦の会場。思ったより小さかった)に行ってきました♪

さすがはアラフォー世代、MCで話す内容も若くないけど(笑)、歌の上手さといったらもぅ。
特に「one more time one more chance」はやっぱり聞き惚れます。
ご本人いわく「いつまで原曲のキーでこの歌を歌い続けられるか。今でも酸欠になりそう」とのことで、まさか本人が死ぬ思いで歌ってた、なんて思いもしなかったけど、賞味期限のある大好きな歌をナマで聞けたのはめちゃくちゃ嬉しかったです。

遡ること十数年前、まだ私が某FM局で働いてた頃に、何度か山崎まさよしさんご本人と局内ですれ違うことがあったのね。スター・オーラなんて全然なかったし、服装も服装だから、私、最初スタッフだと思ってて、当時の上司から「あの人だよ!」と言われて初めて気付くぐらいだったんだけど(ちなみに、デビュー間もない平井堅さんも当時、時々見かけてたのだけど、こちらは別の意味ですぐ本人と分かりました。笑)、今もその飄々とした感じは変わらずで、歌を聴いてると、当時の局の風景が頭に浮かんで、なんだか懐かしくなりました。
彼は”飄々”を貫いて、あの浮き沈みの激しい芸能界を15年も生き抜いたのかー。すごいなぁ。

それにしても久しぶりのLive、バラードの間は必死で咳を我慢する必要があったけど、それ以外の曲の間は、逆に、咳のし放題で(どれだけ激しく咳をしても周りに聞こえないんだからすごい)ある意味ラクだったかも?
d0021590_1555510.jpg

[PR]
by cheeriot | 2011-02-03 23:59 | INTEREST



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31