カテゴリ:FAMILY( 89 )
帰阪(~11日)
ちょっと寄り道をした後、弟に刑法・刑訴を教えるため帰阪。合宿形式の3泊4日。
司法試験の勉強をやめて早4年。やっべ、刑法も刑訴も全然覚えてない(ので久しぶりに勉強した)。
姪っ子1と多少遊べたこと、そして帰り際に生まれたばかりの姪っ子2に会えたのがおっきな収穫♪

ちょうど母の誕生日だった。
d0021590_22111436.jpg
なぜか家にキウイがなってた(しかも、帰り際まで気付かんかった)。
d0021590_22112876.jpg

[PR]
by cheeriot | 2012-08-08 23:59 | FAMILY
姪っ子その2登場
弟夫婦に次女誕生!
しかも叔父と同じ誕生日&干支!!
子育てと司法試験の両立は本当に難しいので、私が焦ってしまうけど、本人達が決めたことなのでしっかり頑張ってほしい。
ま、父親が勉強漬けでも子供がちゃんとまっすぐ育つのは、私で立証済みです(*^-^)
(え?何かモンクある??)
[PR]
by cheeriot | 2012-07-24 23:59 | FAMILY
祖母、14歳
d0021590_2331415.jpg私が小2の頃に他界した曾祖父はかなりハイカラな人だったらしい。新しいもの好きで、昭和初期に朝食が毎朝トーストにコーヒーだったのだとか。

毎年、写真館で家族写真も撮っていたそうで、大切に保管していたそれを今回、大叔母が焼き増して持ってきてくれた(昭和11年~15年まであり、その後戦争でかしばらく中断し、また落ち着いた頃から撮ってたみたい。あまりに綺麗に残っていたので、焼き増しをした写真屋さんも感動だった模様)。

というわけでこちら、祖母、14歳の頃の写真です。
自分の祖母の子供の頃の写真を見るなんてなんだか不思議な気分。
[PR]
by cheeriot | 2012-03-25 23:58 | FAMILY
そして一周忌
d0021590_2240469.jpg
早いもので祖母が亡くなってからもう1年になります。
姪っ子も成長し、ほれこのとおり。
d0021590_233715.jpg
ヘン顔も出来るようになりましたで( ´艸`)
[PR]
by cheeriot | 2012-03-25 23:57 | FAMILY
anniversaire
d0021590_1865878.jpg
浜町にあるBut BRASSERIEで9年目に入った我々の関係を祝う。
[PR]
by cheeriot | 2012-03-16 23:59 | FAMILY
2012白日
ホワイトデーなその日、cheeriotは仕事で帰宅が夜中だった。
ダンナはケーキ屋さんでお返しを買おうとしてくれたものの、考えることは皆同じで、イマイチ冴えないバターケーキ以外全て売切れ、コンビニスイーツしか用意できなかったらしい。
最近のコンビニスイーツは結構うまい。
が、これは珍しく(?)ハズレだった;_| ̄|○ ガクッ

そしたらば!
翌日深夜、家に帰ると冷蔵庫に白く輝く(私の目にはね)ちょうどいいサイズの箱が!!
おっ!
この気持ちが素晴らしいぢゃぁないですか♪

というわけで、今年のお返しはこちら:
d0021590_17192084.jpg
両方イケたけど、特に右のレアチーズがナイスでした♥
[PR]
by cheeriot | 2012-03-15 23:59 | FAMILY
チョコレート強化月間(2/28遡及)
d0021590_23221053.jpg
今年のバレンタインは久しぶりに自分でチョコケーキを作りました!しかも2つも!
(←ダンナがチョコの本の中から食べたいと指定したのが、アルコールがたっぷり入ったケーキだったので、う、やばい、これは独り占めされる危機にある!と思って急遽自分用にアルコールなしのも追加しただけ。)

久々にクーベルチュールを買ったので、ついでに毎週末、違うチョコレート菓子を作ってみた(ケーキ3種にアイス・チョコ)のだけど、結果的にこのケーキ↑がベストだったかも。
[PR]
by cheeriot | 2012-02-14 23:59 | FAMILY
帰りに
ダンナと、いつもの仙台駅の海風土(うぶど)というお鮨屋さんへ。
d0021590_1345457.jpg
実は、今回は仙台に着いた日に、母の大親友であるMちゃんに、“秘密”のとっても美味しいお鮨屋さんに連れて行ってもらい、そこが超!美味しかったので(日本一の呼び声も高い宮城県名取市閖上(ゆりあげ)の赤貝等、今ではなかなか手に入らないものまでいただきました。最後に偶然、場所が分かったので、また行きたい!)迷ったのだけど、まぁでも我々、いつも仙台からの帰りはここで〆ることにしてるし、ダンナも行きたがったので、行くことに。
結果的に、いつもの職人さん達の無事も確認できたし、また美味しいものもいただけたし何よりでした。

もう一つ分かったこと。仙台駅地下のスーパーより、さくらやのデパ地下の方が色々安い!次はそこで食材を買い出してから祖父母宅へ行くのも良いかも。

こちらはMちゃんに連れて行ってもらったお鮨屋さんでのショット(一部のみ)。
d0021590_13454910.jpg
ちなみに一昨年連れて行ってもらった、松島のcafé Loinは、地震で閉店してしまったそうです。。。すごく気持ちいい空間だったので残念。
[PR]
by cheeriot | 2012-01-09 23:59 | FAMILY
祖父母の家
仙台の祖父母の家は、作りがゆったりしてて、日当たりがよく、ちょうどいいサイズの庭もあり、普段は使わないけど私たちが泊りに行けば皆で川の字寝できるような部屋もあり、私が今まで見てきた中で一番好きな家なんだけど、老人が生活する&介護するにも向いてます(昭和45年ぐらいに新興住宅地である今の家に引っ越してきたらしい)。まず平屋だし(年をとると2階にあがるのが億劫になり、次第にあがれなくなるので。普段、2階のベランダで洗濯物を干してる人は年とると大変)、祖父の部屋は玄関に一番近く、目の前にトイレがある。お風呂場もトイレの横で、玄関も廊下も車椅子が通れる広さ。玄関にあがってしまえば、段差もない。

ただお風呂場は、地震でタイルがいっぱいひび割れてて今は応急措置中。なんせ仙台はもっと被害を受けている個所がいっぱいあるので、この程度だとなかなか業者が来てくれないのだそうです。

そういえば、中国から仙台にパンダが貸与されることになりましたが、その行き先は八木山動物公園という、その昔、祖父母に何度も連れて行ってもらった、祖父母の家の近くにある動物園だそうです。
でも今、仙台駅から八木山動物園までの最短ルートである青葉城址脇を通るルートは、城の石垣が地震で一部崩れてしまい&さらなる崩壊の危険が高く、通行止めになってるので、ちょっと大変。

ちなみに、仙台の人達は-これは複数が言ってたのだけど-、地震の後、長くテレビを見れなかったので、宮城のどの辺りがどうなったのか等、よく分からなかったそうです。
[PR]
by cheeriot | 2012-01-08 23:59 | FAMILY
やっと仙台
d0021590_13133634.jpg
行く予定だった週末に風邪をひいたりその他色々あったりで、去年は行けなかった仙台の祖父母の家。元々この週末に行く予定を組んでたところ、年末ギリギリに祖父が肺炎で入院するという事態になり、叔父夫婦が6日まで滞在し(幸いにも祖父は6日に退院できた)、私たちが7-9日に滞在するという運びになりました。

私にとって母方の祖父母である、この仙台の祖父母は、祖父91歳(重度のアルツハイマー)、祖母84歳(同じく初期)という“老々介護”の典型例。
それがまがりなりにも生活出来ているのは、デイサービス・ショートステイといったサービスを頻繁に利用できるのと、それらに行かない日は毎日17時過ぎにヘルパーさんが夕食を食べさせに来てくれる(そして16時半過ぎに、おかゆ等祖父用に食べやすくした夕食を配達してもらってる)こと、そして祖父母のことをとても気にかけて毎日様子を見に来てくれたり、祖父の介護関係の予定を全部管理してくれたり、ショートステイ等の宿泊に必要な荷物を毎回作りに来てくれる親切な近所の方がおられるおかげ(地震後もこの人が夫婦で私の祖父母の家にしばらく住み込んでくれたおかげで祖父母は生き延びることが出来た)です。
祖父母の子供は、母が大阪、叔父は東京、叔母は福島、と、皆、仙台におらず、いまさら仙台に移り住める状況にもなく、かたや祖父はいつもお世話になっている介護の方々に懐いてるし、祖母だけをどこかに連れていくことを祖母は拒否するだろうし、無理に連れて行っても祖母のボケが急進行することは明らか(新しい土地なので怖くて出歩けなくなる上に、家事をしなくて良くなると、することがなくなる&今、“私が頑張らないと”とシャキッとしているのがなくなるので、早い)なので、なかなか難しい。

私の今回のタスクは、入院中ずっと寝ていたがためにそのクセがついて、ヘルパーさんが来るまで起き上がろうとしない祖父を起こし、ちゃんとトイレに行く習慣をまた付けること&祖母は祖父の状況を認めたくない気持ちが強く、なかなかオムツを使いたがらないけど、祖父はもう自分で身の回りのことが出来る状況にないので、そういったものをヘルパーさんが使えるよう、買い揃えること(そうしないと祖母が大量の洗濯物に追われることとなり、祖母の負荷も大きくなる。本当、下の世話が一番大変)&応接間に新しいダンツを引くこと(これはダンナが大活躍)!。
母がずっとやってた大阪の祖父母の介護を覚えてる(その意味で、同居の祖父母というのは、最初は可愛がってくれ、最後は死んでいくところを見せるという役割を負うんだな、とこの頃しみじみ思います。介護は家族の正念場やねぇ;)ので、私も一応やり方は分かるし何となく出来るけど、体力要るから、普段、祖母が一人で出来るもんじゃないよなぁ。。。

祖父は、穏やかで、時々本当にいい笑顔を見せてくれるので(昔、“cheeriot、笑顔っていうのはすごく大事なんだよ。”とよく言われた)、いつもこの笑顔が見たくなります(ありがたいことに、ダンナもこの笑顔のファンらしい)。
今回も、後半はたくさんこの笑顔が見れて、嬉しかったです。
[PR]
by cheeriot | 2012-01-07 23:59 | FAMILY



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31