カテゴリ:WEDDING( 70 )
最近の私 part 2
最近の私がしないといけないと焦っていること、それは結婚式の準備…。
11月の予定なのに、今から準備?早すぎない?と思われるかもしれないけど、
なにぶん私の状況では、9/11までに出来ることは全てやり終えておかなければならず…。

とりあえずやらんとアカン(と思っている)ことは以下の通り。
漏れがあれば、諸先輩方、ご指摘下さいまし!
1) 招待客を決め、参列可否を確認
     → 進捗率85%。
        昔仲良くしてたけど、もう何年も連絡取ってなかった人に再会することが 
        最近多い。(特に、相手の結婚式にも出席してる場合)そういう人まで式に
        呼ぶべきかどうか、かなり迷います。
        …と言いつつ、既に人数限度いっぱいなんだけど。
 2) 招待状作成
     → 用紙を二択にまで絞ったものの、いずれも相方の好みにあわんかった
       らしく、再考中。 進捗率:50%
 3) 当日の進行決める
     → 現在、担当者と2,3日に1度メール中。後述。
     → mikisnetに当日の司会を依頼(快諾どうもありがとう!)
 4) 他のペーパーアイテム決める
     → 招待状決める際に一緒に大方決めておこうかと。
        両面印刷できる紙の少なさが悩みのタネ。
 5) 座席表作る
     → 何パターンか作ってはみたけど、これは招待客が確定してからかな…。
 6) 装花、引き菓子は8月頭に会場に行って決める予定
 7) 音楽は相方に一任。
[PR]
by cheeriot | 2008-07-04 15:23 | WEDDING
そして翌日:Wedding Party
GG、sako隊長、ane上 presents、YuryちゃんのWedding Partyに行ってきました♪
梅雨真っ最中のこの時期に、二日続けての晴天。どれだけ皆の日頃の行いがいいか、よく分かるよね!!

久々に会う同期達、ane上のダンナさまであるエドさんとの初対面等々、程よい興奮状態になった頃に我らがYuryちゃん登場!かわいー!!(≧▽≦)  
昨日の白無垢もかわいかったけど、今日のドレスもかわいいわ♪♪
そして何より彼女らしい笑顔と茶目っ気が全開で、見てて嬉しくなる。

司会の2人がまたとっても上手で、途中の機材トラブルなんかも難なくカバー。
でも花嫁のご両親からの手紙朗読中になぜか男性司会者が号泣。後で聞いたら、
 「ウチの娘が嫁に行く時のことを想像したら泣けてしまって…」って。
 「娘さん何歳?」
 「いえ、まだ子供いないんすけど(∩_∩)ゞ」
なんでやねん!
号泣具合がえらいコミカルで、感動シーンな筈の”手紙朗読”で、思わずわろてしもたやん。(←多分、花嫁も笑ってた)
 
d0021590_2049556.jpg

GGが頑張って作ってくれた写真たっぷりなPPT(愛を感じます)を使って、ane上を筆頭に同期女性陣で祝福のコメントを。
Yuryちゃん、改めておめでとう!
&幹事な皆さま、お疲れさまでした。

ここ3週間、毎週末友人の結婚式に出席させてもらっては、毎回シアワセ・エネルギーを貰って帰ってます。だから(友人の)結婚式大好き!なんだけど、遠からず自分のも企画せんとアカンのよねー。さぁてどないしよ。。。
[PR]
by cheeriot | 2008-06-07 23:59 | WEDDING
偶然通りかかったら、あれ、もしかしてyuryちゃんの結婚式?! 
 「5日に引っ越すよー」とGGにメールしたら、「6日16時から、東京大神宮で我らがyuryちゃんの神前式があるよー。一緒に偶然通りかからない?!」ととっても素敵なお誘いが。二つ返事でOKし、cheeriot引越し日を敢えて秘密にして迎えた当日。
 15:45に飯田橋で待ち合わせたはずが、cheeriot、大江戸線(乗るのも降りた後も)予想以上に遠くて遅刻。
16時(一応)ちょっと前に神社に着いたらもう式が始まってました(jдj) 私、あり得ん。ごめんなさい!!

d0021590_20463642.jpgでもでも、紋付袴&白無垢姿のYury&ダンナさまを見てGGと大興奮♪♪♪
 お賽銭箱の向こうにあるガラス越しに結婚式に参列(したつもり)。
中の写真を撮ったら、ガラスに反射して自分達が写ってしまったのはご愛嬌だけど^^;
  
式終了後、介添えの方が私達にさりげなく「あっちあっち」と目配せしてくださったおかげで、偶然通りかかっただけなハズの我々2人は、新郎新婦の両脇に立ってしっかりバッチリお写真に納まることが出来たし、ご両親にもご挨拶させてもらえる機会を得れました。(^-^)v

 会社の新人研修で半年近く、Yuryとフロア違いで住み、毎日会ってた門前仲町の東急ステイ時代から早、10年。こうして彼女の結婚式に参列できたのは感激の一言に尽きます。
 結婚本当におめでとう!いつまでもお幸せに!!&これからもどうぞよろしくね!!! 
[PR]
by cheeriot | 2008-06-06 23:59 | WEDDING
Moving to Tokyo
d0021590_2045166.jpg
無事、東京に引っ越しました。
&明日に備えて自分用デジカメ購入!(今まではずっと親のを借りてたの。)
[PR]
by cheeriot | 2008-06-05 23:59 | WEDDING
引越し前日(=実質的には嫁入り前日?)
明日はいよいよ東京移住、というこの日は、母と、ちょうど自分の結婚式のスライドショーに使う昔の写真を探しに帰阪していた弟くんと3人で、亡祖父のお墓参りと、入院中の祖母のお見舞いに行ってきた。

遡ること25年くらい前、買ったばかりの墓地に私を連れてきて、「ワシが死んだらここに眠るねんで。そしたらたまに会いに来てな」と言った祖父の姿を私は今も忘れることが出来ない。
(それ聞いて、まだ幼いcheeriotは大泣きしたのだ。)
次にいつ行けるか分からないし、行けて本当に良かった。

夜は久しぶりに、家族で昔の写真を見た。
少し感慨深い夜だった。
[PR]
by cheeriot | 2008-06-04 23:59 | WEDDING
ロー仲間同士の結婚式
d0021590_20432698.jpgこの日はロー仲間同士の結婚式(男は去年合格し、現在修習中)。週前半の天気予報では雨になってたから心配してたんだけど、フタ開けてみたら、無事の快晴(ノースリーブでも暑い!)。良かったー!!! 
 学校のチャペルでの式なんだけど、晴れと雨では写真が全然違うから! 

 E嬢、Yと共に向かったところ、懐かしい顔ぶれ&先生方多数。ちょっとした同窓会になりました。去年合格した人と、今年の再挑戦組では、人生が全然違うので、皆、かなり会話に気を遣ってたし、おそらくそれが原因で、終了後も皆でそのまま飲みに行こう、という流れにはならなかった。その意味で、ロー仲間が沢山集う会っていうのは、多分、これが最後なんだろうなぁ。苦笑。
 
多数の先生方や友人の前で誓いのキスはしづらかったのか、省略。( *´艸`)フフ♪
でも(?)、E嬢がブーケGET!「獲ったどぉ~」って。笑 
私世代の結婚式では、ブーケトスは新婦友人に嫌がられるんだけど、今回皆はまだノリノリ♪ なんか新鮮でした(^v^)
Sくん、Dさん、お幸せに!

帰途、梅田でAちゃんと待ち合わせてお茶。やっと会ってしゃべれたわー\(^O^)/。
(いつも長ーいメール送らせてもらってるんだけど、会うのは12月以来?!)
彼女も9月末頃?に東京に引っ越してくる予定なので、今から楽しみです♪
[PR]
by cheeriot | 2008-06-01 23:59 | WEDDING
ドレス選び RETURNS
d0021590_20223557.jpg写真は、ムダに着てみた黒の引き振袖。(※当日はウェディングドレスのみのお色直しナシの予定)

2店舗目、ようやく私にも着れそうなドレスが見つかり、ちょっとホッ。
こちらのお店は、ドレス写真を見て気に入ったものに付箋を付け、その中から、式当日に貸出し可能な物のみ倉庫から持ってきてもらって試着する形態。傾向的には、ちょっと主張の強いインポートが多いかも。
 この中に、付箋を付けた覚えはないものの、着てみたら意外に合うドレス発見。ふぅむ。
とはいえ、周りのお客さんがラブリー路線まっしぐらなのに感覚が麻痺。何がいいのか分からなくなる。

3店舗目は、THE TREAT DRESSING。こちらはAちゃんによると、「最近、人気急上昇中のお店」らしい。
 行ってみてよく分かった、その理由。素敵なドレスがいっぱいあるの!現代の平均的な日本女子の多くは、ここでお気に入りを見つけることが出来るんじゃないかしら(どこかかわいらしさを残した、でもスタイリッシュなインポートドレスの多いお店)?
 残念ながら、私が一番着てみたいと思ったドレスは、当日、レンタル不可。
 でも元々着てみたかったデザインのドレスを着てみて分かりました、「ドレスは綺麗」であることが。少しでも良く見せるべく、人生初の12センチヒールまで履いたのに!(ちなみにその場合、新郎もシークレットブーツを履かされるらしい。)
ま、諦めついたって感じ?

4店舗目はLAVIEEN ROSE、こちらもAちゃんに「大人っぽいラインのドレスがたくさんあったよ」と教えてもらって行ってみたもの。確かに今回行った4店舗の中では、一番大人っぽいインポートが多かった!但し、ここのスレンダーとマーメイドは、外人モデル体型でないと着れないかも。
よってCheeriotはここで悟らざるを得ませんでした。同じ人間でも、着れるマーメイドと着れないマーメイドがあることを(泣)。
もう何度目か分からないけど、改めてダイエットを決意。

人間、すごいもので、こんだけお店を回って20着近くも着せてもらったら、ドレスの写真を見るだけで自分に似合うかどうかが分かるようになります。
 最終的に私の選択肢として残ったのは、似たよーなスタイルbut生地が両極端であるが故に、受ける印象が全然異なる2枚のドレス。
ここまで来ると、似合うかどうかよりも「どう見せたいか」の問題。
自分では決めれないので家族に聞いてみたところ、相方と母の意見が一致。
よってそれに決定! はぁ、良かった、引越し前に無事決まったわ!! 
E嬢、Aちゃん、ご協力どうもありがとう!!

<今後ドレスを借りる人に対してcheeriotが今、伝えられること>
・ドレス予算(レンタル)は平均でも25-35万覚悟すること。20万以下でドレスは借りれません。タキシードも別途10万前後の予算が必要。
 小物代の要否、二次会へのドレス着用可否は店によって異なる。
・式場の提携店で借りると、かなりお得なパック料金があるので、もしドレスを重要視するのであれば、ドレス選びをまずやってからその提携会場を探す、というのもアリかもしれない。
[PR]
by cheeriot | 2008-05-28 23:59 | WEDDING
引越し前にせんとアカンこと
 試験も終わり、身体も動けるようになったので、ずーっと見ないフリしてきた結婚式準備をすべく、8ヶ月ぶりに担当者であるKさんに連絡を取りました。
 「あの、Kさん、私は一体何をすればいいんでしょう?来週、東京に引っ越す予定で、かつ、試験の結果発表前に出来ることは全部終えときたいんですけど…」
 「お久しぶりです!良かったー、こちらから連絡してもいいか迷ってたんですよー。
  …そういうことなら、引っ越す前にドレス決めてきてください!」

 というわけで、してきましたよ、ドレス選び@提携先2店と、我々と同時期に式を行うべく、先行して準備中のAちゃんに教えてもらったお薦めドレス店2店。
前2店については敏腕カメラマンであり、かつ、店員さんに「あのお友達はこの業界の方ですか?目のつけどころが一般の方じゃないんですけど…」と後日尋ねられる程の名アドバイサーであるE嬢にお付き合いしてもらいました。
 
d0021590_20202226.jpg 1店舗目、ライバル店の店員さん言うところの、「結婚式の王道ともいえる、クラッシック・デザインのドレスを多数扱っておられるお店」のドレスを見て、固まる我々二人。
所狭しと並ぶ、私が着て現れるだけでサプライズになりそうな、ラブリー・ドレスのオンパレード。
 E嬢の「cheeriot、こんなドレス、今着んかったら一生着ることないでぇ」というささやきに「違いないわね( *´艸`)フフ♪」と、色々着させてもらいました♪
 それで分かったこと1つ。
こーゆードレスは、歩きやすい。(ワイヤーの“わっか”でスカートを膨らませてるので、中に空洞があり、裾を踏んでこけずに済む。)
以上。
 E嬢によると、隣のカップルは、男が、あるドレスを着た女のコに「似合う!めっちゃかわいい!!」を連発し、女から「あんた、値札見て反応決めてるんちゃうやろねぇ」と突っ込まれてたらしい。見たかった!
[PR]
by cheeriot | 2008-05-27 23:59 | WEDDING
迷う姉
正月のblogに「弟の結婚式で黒留め着よう♪」と書いたものの、
その結婚式が、仏滅の夏の夜に洋風ゲストハウスで行われることが決まり、
さてどうしたもんかと迷ってるcheeriotです。

前職の友人、ane上に以前貰ったコメント、「自分の子供の結婚式でも着れるわよ」というのは、
まさにその通りで、こんな揃いも揃った“反黒留め条件”に無理に抵抗することもないか、とも思うけど、
  第一に子供が生まれるか分からんし、
  第二にその子が結婚できるか分からんし、
  第三にその頃結婚式で親族が黒留めを着る文化が残っているかも分からない。
  第四に全てクリアできたとしても、それって一体何年後???… ヽ(´o`;
と考えると、この機会を喪うのもちょっと残念な気もする。

TPOと季節を無視し、無駄に我慢して経験値(?)を高めるか、
一人っ子な20歳のイトコを今から洗脳して(ex:「○○(イトコの名)の結婚式では私は黒留め着るからね」と繰り返し吹き込む)近い将来着る機会を無理やり確保するか、
さて、どっちがいいかしら。
…って、私、いつの間に「黒留め着たいヒト」になったのかしら?
「一生に一度」的言葉はホント危険ね。苦笑。
[PR]
by cheeriot | 2008-03-27 23:59 | WEDDING
東西文化交流
関西(大阪?)には熨斗の文化がある。(贈答品を贈りあう際に、無地熨斗が多用される。)
でも東北にはないらしい。
いきなり何の話?と思った?

先日、両親が弟の結婚相手のお宅にご挨拶に伺った際、贈答品のやりとりがあったのだだけど、こちらから持っていった品に無地熨斗が付いていたことに、先方の母上が驚かれた、という話を聞いて私が驚いたのだ。
(ウチの母は仙台出身なので、先方から頂いた品に熨斗が付いてなかったのは当然と思っていた。私は、熨斗の文化が関西だけ(?)と聞いて驚いた。)

それで母とそんな話になったところ、出てくるわ出てくるわ、ご当地文化なお話が。
いわく、大阪では、親戚の家に、結婚祝や入学祝を持っていく場合、その直前の大安の日に、切手盆というお盆にご祝儀袋を載せ、家紋付きの富久紗を載せたのを風呂敷で包んでそのお宅へ持っていくのだそうだ。で、受け取る側は、いただいたご祝儀の1割を「おため」袋に入れ、その場でお返しすることになっている(らしい)。
 ちなみに東北では、親戚といえども、結婚式場でご祝儀として渡して終わり(その場でのお返しはなし)、なんだそうな。
 私、大阪に30年近く住んでるけど(先ごろ結婚もしたけど)、おためも切手盆もまだ自分で使ったことがない。(母が全部やっておいてくれた。) 色々あるんだねぇ…。
[PR]
by cheeriot | 2008-03-07 23:59 | WEDDING



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30