TRAVEL TO 萩
d0021590_011691.jpg
翌日は、歴史好きなcheeriotをシス達が萩に連れて行ってくれました♪
お店に入るたびに、シスは「どこから来たのー?」と店員さんに聞かれ、「いえ、私はガイド。観光客はこっち(=cheeriot)」と流ちょうな日本語で答える、みたいな。
ま、でもこのガイド、当然ながら幕末の志士なんて一人も知らず、それどころか子供の「トイレ!」の一言に、大人、青くなって萩の町をトイレ探して右往左往。
ようやく見つけて無事トイレを済ませたら、今度は、「もう歩きたくない」。
もちろんご飯もファミレス。
うーん、小さい子供がいると旅はこーなるのかー、という当たり前の事実を不肖ワタクシようやく理解致しました。
が、同時に子供がいる旅には新たな楽しみがあることもまた事実。
地元の方に夏蜜柑をいただいたり、子供の写真撮りまくったり。
伊藤博文の生家も松下村塾も行かなかったけど、萩を満喫した自分がおりました。
仕事から戻ったシスの旦那と、
「今日、ファミレスでね、隣席の老夫婦が“なんてかわいいんだ!”っていう眼でずーっとこのコ達見てたんですよぉ」
「おぉーっ(目がにやけすぎ)、やっぱりそうですかー」
ってなやりとりまでしちゃったよ。
host-叔母バカっつーのもあるんかなぁ、やっぱり?
症状見る限り、間違いないよねぇ…。
[PR]
by cheeriot | 2009-03-08 23:59 | TRAVEL
<< 初☆有給取得 meeting my Auss... >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31