きっかけは「さすらいのバレーボーラーズ」
今日、高校時代の留学仲間で(といっても彼女はアルゼンチンに行っていたのだけど)、
大学も同じで、
一緒にスペイン1ヶ月放浪の旅に行った、
今、私が行ってる大学の別の学部で事務員やってる
友人から、”6/4に無事、男の子が生まれました!”という連絡が来た。
やった!!めでたい!\(^O^)/

実はこのカップル、私がキューピッドと一応二人&そのご両親から言われてる。

というのも、私が大学1回の時、クラスメートにオランダからの帰国子男がいて(ヤツは5年もオランダに住んでたくせに、オランダ語は”ダー”しか話せないのでいつも私にいじめられてる。まぁその分英語はペラペラで、今も某メーカーの海外営業部勤務で海外を飛び回ってます)、彼と仲が良かったので、自然と彼の友達の他学部にいる帰国子男女とも仲良くなった(※関西には帰国子女向けの予備校が2校しかなかった、みたいなことを聞いた気がする。要は彼らは大学入学後も予備校仲間でつるんでたわけですな)わけ。

で、この仲間とバレーボールをしよう、という企画がもちあがったものの、メンツが足りなかったのよ。そこで、中学時代バレー部だった彼女を私が誘ったところ、スペインに4年住んでたことのある男の子が彼女に一目惚れ。

しかし彼女には、当時別の彼氏がおり、これまた私の男友達だったので、「ムリ!」の一言で私は却下。

まぁでもそれから2年ぐらい(?)たって、彼女が彼氏と別れた直後、二人は運命の出会いをしたのです。
ってか大学でバッタリ会っただけやけど。

そんなこととはつゆ知らない私は、その日の夜、彼から突然の電話を受けました。
「cheeriot、○○ちゃん、今も彼氏と付き合ってる?」
「いや、別れたよ。」
「今日、偶然会って、今度映画でも行こかー、という話したんだけど、電話番号分からんねん。教えて!!」

その後、双方から別々に報告受けるまでに要した期間、約10日。
結婚までに要した期間、約2年。
それから今日まで約2年半、かな?(ごめん、数字はアバウトです。)
さっそくbaby photoを送ってもらったのだけど、かわいいのなんのって。
なんか私がその誕生の過程に関らせてもらってる、と思うと、素直にとても嬉しいし。
なんとか早いうちに会いに行きたいもんです…。

ちなみに今日のブログのタイトルは、その時作ったバレーボールチームの名称だったのでした。
なんのこっちゃ。(※命名者は現在、出版社勤務。)
[PR]
by cheeriot | 2005-06-09 23:59 | DAILY LIFE
<< 焦り  ひょえっ(T_T) >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31