新郎も準備
あまりの忙しさに「(タキシード試着行くのは)めんどくさい」と失言した相方に
「(忙しいの分かってるから)式の準備は全部私がやってるでしょ。試着だけは私には出来んねんから文句言わず行け!」と私がブチ切れ。

d0021590_15214532.jpgヒィ~となって行った相方ですが、いざ行ってみたら、一度着てみたかったという白タキシードを試着出来て、案外ご満悦。
でもって実際に自分が着る物も、薄い色目のと濃いのを2枚見て即決。
相方がニコニコだった理由はコチラ(裾の写真とお腹周りの写真、とくれば、一目瞭然ですね。笑。お店の方も色々お気遣い大変やなぁ!ニヤリ);
d0021590_15221497.jpgd0021590_15223129.jpg







その後、先日の無計画な二次会会場探しの後、反省して探し直した二次会会場候補の下見へ。
ここなら披露宴会場から歩いて5-10分程のところにあり、披露宴の余韻に浸ったまま二次会に向かってもらえます。
当初、幹事さん達にお願いして、披露宴会場と対照的な、”和”ではない会場を探してもらってたんだけど、先日の下見で(京都では)それが難しいことが分かったので、路線変更してみた次第。
結果、これが大正解!!

披露宴会場から二次会会場までの道もすごくいい感じな上に
二次会会場のオーナーさん御一家(一卵性双生児のおじーちゃん達とそれぞれの息子さん)が私達二人が大好きな、自分達の仕事に愛着を持ってるタイプの人たち。
「ウチの店の雰囲気が好きな人にパーティーをしてほしい。騒ぎたければヨソでやって」という姿勢がありあり。
といっても別に高飛車なワケでは全然なく、むしろ”自分達のお店が好きなお客さんも大好き”な人たちではないかしら。
場所に比べてリーズナブルな料金設定や、めっちゃおもろい会話にそれが現れてて、
元々おじーちゃん子・おばーちゃん子な上に、お店の人としゃべるのが大好きな我々は、結局、2時間以上お店でしゃべってて、その後の待ち合わせに遅れてしまったのでした;

でもおかげで、この日の夜、彼らは、同じ日の同じ時間にこのお店を予約しようとしていた(でも、一度下見に来たときに即決出来なかった)カップルに、「即決した私達を優先します」、とお断りの電話を入れてくださったそうです。

しゃべってた時にね、おじーちゃん達に、「(式→二次会の間に)当日絶対これをやるべき!一生の思い出になるから」というアドバイスを1つ頂きました。
我々より40歳前後は年上な人のこの言葉は、私達に強い印象を残したし、確かに!とも思ったので、二人一致でその案採用!!
楽しみです♪
[PR]
by cheeriot | 2008-08-09 23:58 | WEDDING
<< 今年の淀川花火大会 祝☆E嬢起業!!! >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31