で、私はどんな式がしたいのヨ?
最近の結婚式ラッシュのおかげで、色々な友人の結婚式に参加させてもらったり、話を聞いたりしてますが、一つとして同じものがなく、それぞれにこだわる箇所が違ってておもしろい!
(いわゆるホテルでの一般的なお式は減少傾向にあるのかしら?ウチの弟はゲストハウスで普通の式をするみたいだけど。←自分達の参考にすべく予定表見せてもらったら、2分単位でスケジュールが決まってたので、そこまで細かく決めないといけないのかとびっくりした。)



じゃぁ我々がどんな式をしたいのか、というと、うーん、難しい。
相方も私も、基本、結婚式をするつもりがなかったから、「結婚式でこれがしたい!」って夢がないのよね。私に関しては、強いていえばウェディングドレス着てみたい、っていうのはあったけど、それも、“着てみたい”だけであって、“人に見せたい”わけではないしな(だってアナタ、気恥ずかしいぢゃないですか^^;)。

それなのに結婚式することになったのって、
 一つには、私の前職同期で、皆からは「おじぃ(ちゃん←敬称)」と呼ばれてる人に、「cheeriotあのな、人生には自分のためにたくさんの人に集まってもらえる機会って2回しかないねんで?しかもそのうち1回は葬式やから自分は見れんやろ。だったらあと1回の結婚式ぐらい我がまま言って自分にとって大事な人達に集まってもらって一緒に祝ってもらっても罰当たらんと思うで」と言われ、妙に説得されたため。
 もう一つは、80過ぎて最近とみに衰えが感じられる祖母に、「死ぬまでに一度でいいから孫の結婚式に出てみたい」と懇願された(※私の結婚が決まった時、弟は長年付き合ってた彼女と別れたとこで、当面結婚の可能性がなかった。彼の結婚は、私達にとってはまさに電撃だったのよ)ためによります。
 ※そして相方は諦めたためと思われる。多分ね( *´艸`)フフ♪

ま、理由が何であれ、やると決めた以上、中身決めなあきません。
ちゃんと結婚式をする=ゲストに多額のコストを負担させてしまう、ので、ゲストにいかにその日を一緒になって楽しんでもらえるかは何よりも大事。
ちょっと極端な言い方をすると、自分や、家族・大親友の結婚式というものは、それがどんな式であれ、人生において最も楽しかった日の一つとして思い出に残るけど、一般には、式自体が楽しかった、食事がおいしかった、引き出物が好み、自分まで幸せな気分になって帰宅できた、(遠方の場合)お車代が出た等が、その日を「楽しかった思い出」として思い出してもらえるかどうかの分かれ目になるんだろう、と理解してます。

私自身についていうと、やりたい式はとてもシンプルで、「自分達にとって大事な人と一緒にニコニコ美味しいものを食べ」れればそれ以上のことは必要なかったりする。
 「cheeriot達の結婚式」という名目で皆に集まってもらって、テーブル単位でプチ同窓会をしてもらったり、常日頃私が思ってる、AさんにBさんを紹介したらおもしろいんじゃないかしら(別に異性に限らず、ね)的なことを実現したりして、皆が楽しく過ごしてくれてる光景が見たい、みたいな。会話が弾みすぎて、それが結婚式であることを忘れてくれても全然OK。むしろ歓迎。
いちお、名目である結婚式らしさの演出は、人前式やればそれでいいやと思ってる。
 逆にいうと「大事な人達と」「美味しいものを食べる」ことが私の中で必ず叶えたいことだったので、その人数が少しでも多く入れる部屋を持つ、「美味しいもの(海外からも人が来てくれるので、せっかくだから和食がベター)」を食べさせてくれる会場は関東・関西両方でマヂメに探しました。(それが見つかった時点で、自分のための結婚式準備は終わったのかも。笑。
あ、でもね、今になって思えば、試験結果発表前である7,8月の夕方に、同じ会場で全員浴衣でパーティーしても良かったかなぁと思います。浴衣なら、持ってない人でも、京都なら3,000円で一日借りれるしさ。風鈴とか吊るしたり、会場…は多分無理だけど、近くで線香花火とかして。ちょっと情緒あっておもしろくない?)

 ところで、このblog読んでくれてる人の中に、今回参列してくださる方が結構多いので、予め予告しますが、去年会場決めた時に、相方と相談して、今回の私達の式では引き出物を出さないという方針を立てさせてもらいました。
(あ、おうち帰った時に家族にお土産として渡せる引き菓子はマストと思ってます)
 理由その1: 参列者全員を満足させられるような引き出物が思い浮かばない
        (私達自身、限られた収納スペースがため、貰った引き出物のうち、
        自分達の好みにあわない物の置き場所に困ってることは否定できない…) 
 理由その2: 全参列者の2/3が遠方(東北・東京・中国地方・海外)からのゲスト
          なので、何を渡しても帰りの荷物になる。
   ↓
…だったらそのお金使って別の、個人ではなかなか出来ないことしようよ!(働いてない私が分不相応な会場を選んだ理由はここにあります。もちろん、せっかく料亭体験してもらうなら、中途半端でないとこの方がいいよね、というのもあるけど。笑)、と。
 そんなわけで、引き出物は出せませんが、皆に楽しんでもらえるようがんばりますので、参列してくださる方は、ぜひその”秋の京都の料亭での一結婚式”というシチュエーションを一緒に楽しみに来てくださいね。

 逆に、今回ご招待できなかった皆さま、ごめんなさいm(_ _)m。人数の兼ね合いで、親戚と海外の友人、そして私の前職であり彼の現職である会社の方を優先させてもらったため、(私もなんだけど、特に岡山出身・大学が横浜な相方は)ごく少数の関西在住の方を除き、学生時代の友人には殆ど声をかけれませんでした。この場を借りてお詫びします。 
[PR]
by cheeriot | 2008-07-04 15:40 | WEDDING
<< 使い分け基準 最近の私 part 2 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31