DAY 7-1 –改めてラスベガス
 ラスベガスは特異な町だと思う。行ったことがある人はagreeしてくれるんじゃないかと思うけど、「ストリップ(大通り)にいる人は、全員、観光客じゃない?」という極論を言ってしまいたくなるぐらい、どこもかしこも観光客ばかり。地元の人=全員、観光産業従事者?とまで錯覚してしまいそうな感じ。皆、cameraを持ってるし、休暇を楽しんでいる。
 (⇔ 京都も観光都市だけど、四条河原町辺りでは地元民が普通に買い物してる生活風景があるじゃない?)
 そういう意味ではCancunもちょっと感覚的には似てるか…。
でも街全体がエンターテイメントのカタマリって点でやっぱりラスベガスは他に類を見ないように思う(ドバイもこんなかな?)。ものすごい投資額だし(日本でこんな都市は作れないだろう)、この街&歩いてる人たちを見ると、アメリカが今、好景気であることを実感する。

 さてさて。私の旅行。
 朝から相方さんがホテルでnet繋げてお仕事してたので、私はお土産を買いにモールへ。Planet Hollywoodのモールは迷子にならないちょうどいいサイズなのに私が好きなお店が結構入ってていくらでも遊べます。今回は、E嬢に「Victoria’s Secretでかわいいパジャマ買ってきて!」という依頼を受けてたので張り切って探しに行きました。
 結論:VSよりGap Bodyの方がずっとかわいいものが多い!
ちょーど8月にE嬢のお誕生日があるし、ということでかなり早いお誕生日プレゼントを兼ねて夏用ナイティを3組購入。こういう、好みの分かってる相手への、着るシチュエーションまで分かった上でのプレゼントショッピングは私が大好きなことの1つ。楽しかったー♪気に入ってくれるといいなぁ。。。
 それからSFのKの家で使わせてもらって、香りがとても気に入ってた、Bath & Body worksというブランドのお店も発見したので、ボディクリームやシャワージェル、スクラブ等をお土産として幾つも購入。今、液体モノは全部スーツケースの中に入れないと持って帰れないので、スーツケース重くなるなぁ、と思いつつ、好きな香りのものをいっぱい買ってニコニコ。。。
 (後日談:ここのWarm Vanilla Sugarのボディクリームのおかげ(としか思えない)で、ウチの母が長年悩まされてたひどい手荒れがきれいに治り、びっくりしました。ステロイド剤とか勿論全く入ってないのに!!母用に、この商品を大量購入する方法を考えないと…。)

相方さんのお仕事が一段落ついたので、ホテルのBuffeiでLunch。バイキング形式で、宿泊客は半額。( *´艸`)フフ♪ 味も結構おいしかったし、種類が沢山あったので全品制覇は無理だったけど、お腹いっぱいでしばらく動けなくなる程度には、食べたで。

 その後は「o」のチケット受取りにBellagioに行き、帰りがてらカジノへ。まずはスロットで遊び、今夜遊ぶ予定の大本命・ブラックジャックのルールや進め方をウロウロ調査。ふむふむ。
[PR]
by cheeriot | 2007-06-27 23:59 | TRAVEL
<< Day-8 Back to S... Day 5 - Grand C... >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31