Day2-2 結婚式で始めまして
この日の夜は、LのSF来訪目的である、前職同期の結婚式に私も行くことに。勿論、新郎も新婦も初対面。(←そーゆーのはよくあるらしいです。実際、翌週のKの結婚式にも新郎新婦に会ったことがない人たちがいっぱい来てました(ウチの相方さんもそうだけど)。)
 でもおもしろいのが、L及び新婦の同期には、偶然にも私の別の友人が2人いること。つまり新郎新婦と私は初対面だけど、新婦と私には共通の友達が3人いるの。世間はホント狭い。
 とはいえ、勿論、手ぶらでは行けないので、花屋さんを探すも、土曜の16:00を過ぎるとこの地域の花屋は閉店するらしい!ぎょっ。3軒当たってみて、3軒ともアウト。しかも予定外に時間かかったので、もう時間がない!!
 仕方なく、私は先に着替え等準備のためLが今晩宿泊するホテルに戻り、その間に、Lが、私が渡す用のプレゼントを買いに急遽デパートに行ってくれました;(結果、私が見たことがない品が、私からのプレゼントとして新婚家庭で使われることに。苦笑)

 この新婚夫婦、実は13年前の大学時代からの知り合い。当時から新郎は新婦が好きで、アタックしては振られ続けてたんだとか。卒業と同時に連絡は途絶えたものの、それから10年近くたった頃、新郎はひょんなことから新婦の現在の携帯番号を入手し、再度アタック。遂にOKを貰ったのだそうだ。で、交際期間4ヶ月を経たある日、JKを脱いだ彼が着ていたTシャツには「Will you marry me?」の文字が。きゃっ☆ (こちらも膝まずいて…じゃなかったらしい。笑)
 引き出物代わりに配られたタイマーのゼロの所には、「at last 23/06/07」の文字が!
うん、彼らにしか出来ない贈り物ね!!

 この披露宴で私達の横に座ってたのが、40代前半の某アンチウィルスソフトの社長夫妻。彼らがまたとても素敵な人たちで、披露宴の間中、4人で沢山おしゃべりしました。(その話もちょっとおもしろかったので、後日書きます。)特にすごい別嬪さんな奥さん(大学時代の同級生だって!)が、とっても魅力的な人で私は彼女が話すたびに身を乗り出して聞いてしまいました。
 ちなみにこの夫妻は新郎側の参列者なんだけど、新郎について、「ウチの娘にも新郎のような人と結婚してほしい」と言ってました。それって最高の褒めコトバじゃない?
Lの友人である新婦さん、良かったね!
[PR]
by cheeriot | 2007-06-23 23:59 | TRAVEL
<< Day 3-1 – Napa Day 1-2 Re-Union >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31