初めてのA
昨年後期に教わった先生の中に一人、どうも私と相性が悪い人がいた。
彼が作るレジュメの、私は大ファンで、昨年1年間で受講した18科目の全レジュメのうち、唯一これだけを私は自分の勉強に使っていたし今も使っている。

しかしどうにもダメなのだ。
応用問題になった時の解釈の方法が、彼と私では微妙にズレるらしい。

学期の途中でそれに気付き、ギャップを埋めるべく何度か彼の研究室に通ったのだけど、『価値観が違う』
ことを認めるまでに時間はかからなかった。

なんていうんだろ。
ある事実があった時に、それをいいという人もいれば、いや、それはアカンでしょという人もいるやん。
そんな感じ。
どっちが悪い、とかじゃないの。ただ考え方が違うんだな。

最高裁判例が出てるような問題は、お互いそれにあわせざるを得ないから大丈夫なんだけど、まだ判例がない問題に関しては意見が分かれてしまう。
で、他の先生は、私の意見が先生と違っても、要点押えてて、論理に筋道さえ通ってたら、「ま、そーゆー考え方もあるよね」ってOKくれるんだけど(なにせ答えがないからね)彼は、「いや、それは違う」の一点張り。
常に原則論かというと、そうでもないので調整ポイントが分からない!

結果、中間レポートも点数がよろしくなく(なぜあんなに点数が悪かったのかいまだに分からないのだけど)、期末テストもとっても悪く、
再試験を受ける羽目になり、Glenelg Girlカップルのオーストラリア挙式に参列しそこねた。
その再試験も合格はしたものの、成績は悪かった。

後期も終わり、やっと離れられると喜んだのも束の間。
引いてしまった、アタリ籤。
7クラスしかなく、担当教員が4名もいるってゆーのに今年もかいな。
本気で回避策を考えたのだけど、同じことを考えたクラスメートとのじゃんけんに負け、あえなく残留決定。

ところが。
この5/2に友人2人と共同で書いたレポートがついに「A」だったの!
しかも「完璧」とのお言葉が。
(今日返却されてん。)
間違いなく、この友人のうちの1人と先生の相性がいいってだけの話なんだけど、でも私もおこぼれAには違いない。
やったぁ\(^O^)/ 
あと2回この友人と共同レポート出すから、それでAを貰えれば私の期末テストがCでも成績はB-ぐらいに収まるかも♪
すてきだわ☆ がんばってね!(あれ?笑) 
(※私と彼の相性が悪いのは、クラス中が知っている。そしてかなりの人が、なぜ私が間違っているとされるのか分からないと言ってくれる。でもこの先生向け提出物を私に書かせることが自殺行為だということだけは、皆、分かってるのよね。苦笑。)

ちなみにA+じゃなかったのは、問題が簡単だったからだそうだ。
オヤジ、食えないわ。
[PR]
by cheeriot | 2005-05-16 23:59 | SCHOOL
<< 懐かしいね、オーストラリア。 マッテルゼ♪ >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31