香港 -Day2 披露宴
d0021590_0434969.jpg19時も過ぎたので、いよいよ披露宴が行われる尖沙咀にあるカオルーンシャングリラ・ホテルへ。
昔の香港は、中華料理店で披露宴をするのが普通だったみたいだけど、最近はバブリーになってきて、ホテルでやることが多いみたいです。
気になる費用は(すんません、私もルームメイト(※香港人)もめちゃめちゃ関西ノリなもんで)
1テーブル13人で、1テーブルにつき15万円とのこと(4年前は9万円だったらしい。バブってますねぇ)。
今回は36テーブルあったので、15万×36テーブル=540万円の披露宴、ということになります。(右の写真は招待状一式。)
中国も地方によって費用を新郎新婦のどちらが持つかが違うらしいのだけど、香港の場合、費用は全部ダンナ持ち。最近では2年前に式場を予約し、ダンナが1年半かけて結婚式の費用を稼ぐのが普通なんだそうです。すご。。。
(ちなみに私のルームメイトは6人姉妹の長女なんですが、彼女が生まれた地域(彼女は7歳の時に中国から香港に移民してきた)では、花嫁側が結婚式の費用全額を出すのが当たり前なので、移民しなければ今頃破産してた、とご両親がホッとしてるそうです。)
ご祝儀は、1人HK$300~1500ぐらいを(額は親しさと式場の格式次第)を現金ではなく、礼券という小切手みたいなもので、ご祝儀袋に入れて渡します(1HK$=15円強)。
日本と違い、ご祝儀返しは、招待状の中に予めHK$10札を入れとくことで代用。合理的ね。
 お色直しは4回、かなぁ?多分。お色直しの度に皆にドレスを見せる日本式と違って、注意して見てないと分からない上に、今回、最後時間が押して、ぐちゃぐちゃになってしまったので、回数はちょっと分かりません。
 でも新婦がすっごい綺麗で、10年来の友ながら見惚れたよ! 
というのも、彼女は少年みたいな子なので、ニックネームもそのまま「レンチャイ(広東語で少年)」なの。なのに今日の彼女は「レンノイ(美女)」そのもの。
「少年が美女になったわ!」
「すごいわ、彼のために性別まで超えたのね」というのが私とルームメイトの感想。
ちなみに、新郎の職場の人達は、もっと早くにホテルに来て麻雀をやってたとのこと…。
これまた香港の結婚式の伝統みたいです。
 ここでもフルコースの料理をいただきました。
いやはや、行く前に相方さんが
 ・増量3kg以内
 ・食費3万以内
という目標を立ててたのだけど、まぁ無理でしょうなぁ、これだけ食べ続けてたら…。
苦しひ…。

さてさて、香港の結婚式では、最後のデザートを食べ終え、ちょっとしたスピーチが新郎新婦からなされると、招待客は三々五々に帰ってしまいます。明確な「式終了」というのがないの。
我々もここで友人たちに別れを告げ、ホテルを出ました。この時既に23:30。
ま、でもせっかく尖沙咀のプロムナードまで来てるので、彼と、オープンエアのBar(香港の綺麗な夜景が真ん前に見える!)、Blues By The Seaで一杯飲んだけどね。
[PR]
by cheeriot | 2006-11-11 23:59 | TRAVEL
<< 香港 -DAY3 香港 -Day2 結婚式スタート。 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31