モルディブ情報パート2
ちょっとモルディブについて質問をいただいたので、
調子に乗っていくつか思うことを書いてみます。



1.天候
 いちお、5月~10月が雨季とされてますが、私が行った5月、8月
 両方とも、滞在期間の半分は曇り、残り半分は晴れでした。
 曇りの日は必ずスコールが降ります。海にいたら、ある一部だけ雨が
 降ってて、他は全然降ってない、というのが見えておもしろかったりします。
  晴れてる日のモルディブは、美しい写真が満載のモルディブの写真集すら
 目じゃない美しさ。
  ただし、その分、ものすごーく日に焼けます。
 水着だけで初日を過ごしたら、地黒な人は消し炭に、白い人はヤケドに
 なること請け負い。
 シーツにくるまり、ミイラ状態でビーチにいた人も見ました(笑)。
 でもヤケド近い日焼けについては、水着の上に長袖Tシャツとか着たら大丈夫。
 でも黒くなるのは避けようがありません(避け方があれば教えてほしい!)。
 アネッサの顔用とか、全然効かないもの。何度塗りなおしても。
 だけど、日焼け止めに加え、クリニークのAfter日焼けLotion&クリーム
 とかを、毎晩、こまめに塗ることで、肌の水分をある程度保持できるので、
 それほどひどく皮が剥けることはないかも。
 (オーストラリアにGG達と行った時は、これをしなかったので皮がボロボロになった;)
 唇&頭皮の日焼けにも注意。

2.モルディブ滞在中の生活
 私は基本的に、1つしかレストランがない島に行くので、毎日毎食、
 同じレストラン・同じテーブルで、同じウェイターさんや、顔なじみに
 なった周囲の席の人達とおしゃべりしながら、食べることになります。
  選択肢がない、というのも、時にはいいもんです。
 シンプルな生活が出来るから。ご飯もおいしかったし♪

  朝起きて、レストランで朝食を食べ、消化したのを待って、シュノーケル。
 昼食べて、消化したらまたシュノーケル。時々昼寝 or のんびりと。
 夕食後はBarでジュースを一杯。同行者といっぱい語り、チェスやカード
 ゲームを楽しみ、そして就寝。
 これを滞在期間中、毎日繰り返すの。
  そこに、時々別価額のスペシャルディナーを組み合わせたり、
 次に書くActivityを組み合わせたりして、変化をつけます。

3.Activity
 ダイビングやシュノーケルトリップ、ナイトフィッシング、カタマラン
 (ヨットみたいなもの)といったActivityは大体どのリゾートでも
 別料金で用意されてます。ただ、人数制限があるので、滞在中に、
 参加したい全activityに参加できるわけではないことに気をつけて。
  モーターが付いたActivityはリゾートによってあるところと
 ないところがあるの。なので、色々やりたいのか、静かに過ごしたいのか
 によって、行き先は変わってきます。
  私は、シュノーケルのいい島を選んで行くようにしてるので、
 (※モルディブでも、シュノーケルが良くない島はいっぱいあります。)
 この手のactivityはなくてもOK。(プールも不要。)
 でも夕方のカタマラントリップはホントに気持ちよかったよね、yury?

 この他、エステがあるところもあります。

4.客層
 これは旅行代金によって全然違います。
  1回目に行ったココパーム(25万位?)は、カップルばっかで、
 yuryと私が唯一の同性コンビ。ねぇ。笑。おかげで色々特典も
 被害もありました。
  特典は、ホテルの従業員が私達のベッドやレストランのテーブルを
 花などできれいに飾ってくれたりしたこと、被害は、ナンパもどきが
 何度もあったこと。(めんどくさい。) ←この辺は東南アジア系
 リゾートも同じだけど。
  2回目に行ったヴィリバル(現在リノベーションのためCLOSE中)は
 12万ぐらいだったので、友達グループ、家族がほとんど。
 逆にカップルは少なかったわ。
  新婚旅行とかで行くような価格帯のところは、よって、カップルばっかり
 だと思います。
  時期によっては日本人アイランドになってるとこもあるので、注意。
  逆に、イタリア人アイランドになってるとこもあるけど。笑
 まぁ、海がいいところを選べば、豪華設備は不要だね、というのが
 1回目でyuryと私が得た結論です。
 2回目行ったところでも、一日2回、部屋のお掃除入ってくれたし
 滞在中、ほとんど靴履いてないよ(サンドカーペットって書かれて
 なかったけど、そうだった、ってことです)。

5.他のリゾートと比べて。
 一島一リゾートは他にもあるけど、一周が徒歩5~15分程度の
 サイズの島ってあんまりないように思うの。
 私はこのサイズ感と、上に書いたシンプル・ライフがモルディブの魅力
 と思ってます。
  島によっては、島に沿って一周ぐるっと泳いで回れるし、ビーチもたっぷり
 あるので、とにかく人が少ない。しかも、当然だけど、コテージのすぐ前に
 お魚いっぱいの美しい海がある!なんてお手軽!!

  私がカンクンを気に入らなかったのは、完全なシティリゾートだったのに
 加え、シュノーケルスポットが限定されてたため(しかもホテル前の海は、
 波が高すぎて遊泳禁止)&魚影が断然モルディブの方が濃かったためです。
  ハワイは、遊びの選択肢が多いでしょ?買い物に行ったり、観光に行ったり。
 純粋に海で遊ぶ時間が少ないのよね。だから両方やりたいモードの時は
 いいけど、のんびりゆっくり海で遊びたい時は、ちょっと違うのよね。
  プーケットとかピーピー、サムイといった東南アジアリゾートも手ごろな
 サイズではあるけど、これらよりモルディブの方がずっと景色も衛生的にもきれい。
 タイ系リゾートで飲めるミルクシェーキは絶品だけど、モルディブでお腹壊す人は
 あまりいないと思う。これも重要。モルディブの方がずっと遠いけどね。

あと、旅行会社によると思うけど、モルディブの旅行代金は、飛行機+ホテル+
 3食代金が含まれてて、別途必要なのは、飲み物代+Activity代ぐらいです。
 そんな高いお土産もないし。
   
6.島の選び方
 毎年、7月に「海と島の旅」の増刊号として出版される、「楽園モルディブ」
 本と、ST World(旅行会社。モルディブ旅行としては、リーズナブル
 だと思うので、これを基準価額として、他と比較すればいいと思います)の
 ツアー価額表を入手するとことから検討を始めます。笑。
  これは!と思うリゾートがあれば、Netで情報と写真を集めるの。
 基本的にシュノーケルがいいとこ&蚊が少ないところがおすすめです。

…以上、長々と書いてきたけど、これでいただいた質問全部に答えてる?
ご確認よろしくです!
[PR]
by cheeriot | 2006-07-29 23:59 | TRAVEL
<< 本場の宇治金時へGO! 京都遊行 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31