京都遊行
テスト終了翌日は勉強する気になんて私はなれない。
仲良しのE嬢もなれない。
んでは♪、ってことで、二人で浴衣着て京都に遊びに行ってきました。



まずは腹ごしらえに、てら川さんへ。
こちらは、以前「炭屋旅館」で料理長をされていたご主人が
去年11月に建仁寺の近くにオープンさせたお店。
かねてより気になってたお店の1つなのだけど、
今回、食べ歩きが趣味のE嬢の叔母様がイチオシ、と
推薦してくれたのを機に行ってみたのです。

d0021590_0251999.jpgd0021590_025305.jpg






おそらく今までのキャリアの中で、お客さま対応をご自身で
されることがなかったのだろう、少し口下手なご主人。
でもお食事をいただいていく中で分からないこと、
興味を持ったことを質問すると、本当に丁寧にいい笑顔で
教えて下さる。(←カウンター席だった。)
一品一品が、季節感たっぷりかつ見目麗しい。
そしてなんといっても、、美味しい。
はぁ~、これぞ日本料理。。。
最後の雑炊がまた素敵でした。
ただ一つ残念だったのは、デザートに、お酒に漬けた葡萄が
出たこと。お酒、私、全然ダメだから。

d0021590_0304587.gif
その後は、お香体験。
E嬢が以前、雑誌モデルの仕事で、体験レッスンを
受けたことのある山田松香木店へ。
まず、聞香体験。
これは簡単な作法を教えてもらった上で、3種類の
香を聞き、それらが同じか違うかをあてるもの。
3つとも同じかもしれないし、1番目と3番目だけが
同じかもしれない。全部違うかもしれない。
E嬢も私も早速やってみるも (・・?????
…不正解でした;;
 分かんないもんだなー。。。
ここではこの他、巾着袋の紐の結び方が、月によって違うと
いうことを教わり、日本文化の奥深さを思い知った気がしました。
今月は朝顔なんだけど、ホントに朝顔に見えるの!
すごいもんだわ。ただ紐を結べば足りるところでこんな遊びを
入れるなんて。

d0021590_027362.gif次、練り香体験。
源氏物語好きな人は、知ってるだろう、嫁ぐ娘のために、
光源氏や紫の上他各主要登場人物が寝殿の奥深くで、
互いに製法を隠して、香を合わせるシーン。
アレですね。
山田松香木店さんは、平安時代と全く同じものを使って
全く同じ方法で調合させてくれるの。
これがすごくおもしろかった!
8種類の香を粉状にしたものを混ぜ合わせ、炭を混ぜ、
梅酢(当時は甘酢や蜂蜜を使ってたらしいけど)で練った
ものを、少しずつ手に取り、丸めていくの。
その後、出来たものを実際に暖め、香りを聞くんだけど
自分が思ってたものと、出来上がりが全然違うんだなー、これが。
ちょうど、参加者は5人だったんだけど、同じ材料を使ってるのに
五人五様の香が出来上がり、でもどれもいい香りなの。
これはまたぜひやりたいわ♪と思った次第です。

その後、錦市場で幾つかお土産を買い、デザートを食べ、
帰途に着いたのでした。

いやー、テスト直後の開放感はやっぱ格別やね。
ま、毎度のことながら、成績発表までの短い天国ですが。
[PR]
by cheeriot | 2006-07-28 23:59 | FUN
<< モルディブ情報パート2 テスト終了!レポートも終了!や... >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31