個人的感想
山口の母子殺人事件の最高裁判決、出ましたね。
この報道があった時は、ちょうど授業中だったのだけど、
FOMA持ってる人のニュース速報を皮切りに、さざ波のように皆に伝わりました。
そしてワンセグ携帯持ってる人が大人気に。 ←昨今の授業中の内職事情。笑
最高裁は色々理屈をつけてはいるけど、
結局、(自判せず)イヤなことを高裁に押し付けたと言われても
仕方ないんじゃないかなぁ。。。

最高裁のおコトバに高裁判事が歯向かう、なんてことはまずないから、
よほどのことがない限り死刑判決が出ることは間違いないし、
同様の事件で今までは無期懲役になったケースについても
今後は死刑判決が出る可能性が高くなったと思います。
その意味で、この事件の被告人以外に、この判決を聞いて
ビクビクしてる人は何人もいると思う。
(最高裁の判決は、かように実務を拘束するのです。)

にしても、この件に限らず、最近の裁判所は、これまでの保守的と呼ばれても
仕方のない姿勢から、より積極的な判断をする姿勢へと、
その立ち位置を変えつつあるような。
先日書いた水俣病とか、昨日のB型肝炎、今日のC型肝炎…と
これまでの判例の立場を変えるような判決が続いているのがその理由。
より、一般市民の感覚に近付いた判決がなされ出したと言えるのではないかしら。

これは、ヘタな判決を出すと怖いという、(以前”裁判官には、なれない”で書いた)
裁判官の実感に加え、時代の要請なんだろうねぇ。
この時代がしばらく続くと、またその反動が来るんだろうけど
今が、弁護士さん達にとって、おもしろい時代であることは確かだろうと思います。
[PR]
by cheeriot | 2006-06-21 23:59 | NEWS
<< 海上の幻想的な修道院に戻るために。 あじさいと言えば、 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30