出産記録 ~前編~
1時の就寝時に少しお腹がおかしいように感じたけど、陣痛とまでは断言できなかった(初めてだし、陣痛がどんなものなのかよく分からなかった)ので布団に入る。が、やっぱり何かおかしい。
3時頃、ダンナも起床し、一昨日ダウンロードした「陣痛時計」なるアプリで痛い時間を計り始めたところ、4時半ごろまでに、7分おきに痛みが来ていることが判明。これが陣痛かねぇ?ということで、4:45に病院に電話してみる(まだ私にも余裕あり)。
「ご自宅も近いので、もう少し様子を見ましょう。1時間後にまたお電話ください」と言われ、さらに1時間。5時45に再度TELをすると、今度は「では病院に来てください。あ、朝ごはんを自宅で食べて来るか、食べるものを持って来てくるように」とのこと。
昨日これあるに備えて作っておいた“おにぎり”を食べている途中に陣痛の波が来、冷や汗をかく。う、これが陣痛ね、間違いない。

登録してあったマタニティタクシーの会社にもTELし、結局6:30頃に病院へ到着(遠回りだったので、10分程度かかった。歩いてもそれぐらいなんだけど;)。が、taxiを降りたときにちょうどまた陣痛の波が来て、その場にうずくまり、車椅子で病棟へ運んでもらう。

早速、助産師さんとお医者さんに診てもらったところ、子宮口の開きはまだ3cmで、前回の健診時から変わっていないことが判明。ダンナには、「これからモニターで陣痛の強さを見てみるけど、今の感じでは早くて13時頃かな」との話があったらしい。
このモニターというのがすごくて、それを付けると、陣痛の波、強さを目視できるようになります。
出産時で大体60~70の強さ、今の私のレベルだと通常はMax30位らしいのだけど、この時点で既に40強。ダンナにそばにいてもらって、その後はひたすら陣痛との戦い。この頃は苦しいけど、まだ音楽を聞きながら、何とか耐えられるレベル。

そうこうするうちに、子宮口は6~7cmくらいに開き、陣痛の強さも50を超える。
ただ、私の場合、(珍しいケースだと思うのだけど、)子宮口が早くに開きすぎてて、赤ちゃんが下に降りてくるスピードが追い付いておらず、まだ時間がかかるとのこと。
※赤ちゃんは、陣痛のたびに回転しながら少しずつ行ったり戻ったりしながら、下の方に降りてくるらしい。

助産師さんの助言で、陣痛をさらに促進するために10時~、お風呂に入ることに(この状態でお風呂に入るというのが普通なら信じられないけど、この状態が長引くのも辛いので“仰せのままに”の心境)。
が、その直前、破水していることが判明。ばい菌が入るといけないので、お風呂は取り止めに。

この頃からめちゃくちゃ辛くなって、余裕はゼロに。
私的には、四つん這いになると苦しさが多少和らいだのだけど、そうしていたところ、お医者さんやら看護師さんやら助産師さんやらが4,5人来て、「cheeriotさん、その体勢、すぐに止めて!赤ちゃんが呼吸できなくて苦しんでる」と言われ(確かにモニターを見ると、赤ちゃんの心音が弱くなってた)、「緊急帝王切開になる可能性があるので、以後、飲食禁止」となり、点滴(?)開始。
私は、あまりの陣痛の辛さに、正直、帝王切開になるならなるでいいやー、それより早く終わってほしい、という心境だったのだけど、帝王切開だとダンナが出産に立ち会えなくなるそうで、彼は「帝王切開にならないよう」祈ってたらしい。

その後はもう辛いのなんのって。この辛さがいつまで続くか分からないうえに、私は呼吸が辛くなると、大学時代にやったパニック症もどきが再発するようで(去年、ペルーのクスコ(高地)でも同じような症状が出た)、今回も大変でした;

~後編に続く~
[PR]
by cheeriot | 2014-12-04 23:58 | BABY
<< 出産記録 ~後編~ 無事、生まれました! >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30