ブランドの価値
2004年3月に母と二人で旅したパリのヴァンドーム広場にあるCartier本店で入手した愛用の時計。
ちょうど10年になるので、一度コンプリートに出そうと思い、銀座店に行ったところ、「必要部品の取り寄せに3ヶ月かかる」とのこと。3ヶ月も使えないのは困るな…と思ってると、「当店の技術者が申しますには、特に、壊れたり支障がないのであれば、トラブルが生じたときにお持ちいただければ良いのではないか、とのことです」とのこと。
トラブルが生じてから持ち込んだら修理費がupするのでは?&Cartierはそのパーツをいつまで保有しているの?と聞いたが、その辺りは心配しないで良いとのこと。
この時計は一生大事に使い、最後は形見分けにするつもりなので、この返答は嬉しい。

ノンブランドの私のお気に入りは、私にとってはお気に入りでも、それを受け継いだ人が愛用してくれるかどうかは正直分からない。
でもこういった名のある品はタイムレスなので、貰った人も喜んでくれる可能性が少し高まると思う。
ブランドの価値って、結局そういうところにあるんじゃないかしらね。
…というわけで、祖母から貰った真珠、私が2001年に買ったTiffanyのBy the yardのネックレス、そしてこの時計の3点は、いつか縁ある人に引き継ぎたいと思っている。
[PR]
by cheeriot | 2014-03-11 23:59 | SHOPPING
<< 道具 好みは変わらない >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30