これもまた現実
d0021590_23475084.jpg
朝起きたら雪が積もってた。昨日までむしろ暖かかったのに、急激に冷えたのだろうか。

11月は、親族がいっぱいいたから気付かなかっただけかもしれないけど、久しぶりに会った祖母の物忘れはさらにひどくなっていて、ついでに子供がえりもしていた。

台所に立って、何か作ってくれようとするのだけど、もう多分、何をどうすればいいのか分からないのだろうと思う。ご飯を炊く以外で唯一できる料理は青菜のお浸しで、だから、青菜を台所に置いておくと、片っぱしからお浸しを作りだす。おかげで冷蔵庫にはお浸しが幾つもあるのだけど、それでもまだ調理前の青菜を見ると、お湯を沸かしはじめてしまうんだな。
そんな状態なのに、自分は何でも出来ると思っていて、ヘルパーさんが手助けようとしてくれても断ってしまう。

今はまだ祖母は我々が誰かを認識していて、比較的新しい記憶に属するはずのダンナくんの名前も忘れず呼べる。
でもそれも時間の問題だろうから、本当は、祖母が我々を認識できてる間にもっと会いにきてあげたいのだけど、現実的には二人で仙台へ来るとなると、交通費もバカにならず、そう頻繁には難しい。
(大阪にも岡山にも行きたいしね。)

リニアなんて要らんから、新幹線代をもっと安くしてほしい。
同じことを思ってる人はきっと多いと思うのだけど。

写真は、今回ダンナくんがお土産として用意してくれた、十三の焼肉屋のマスターに教えてもらった”笑う猫田課長”。一人の夜に、笑顔になれる瞬間がありますように。
d0021590_23214436.jpg

[PR]
by cheeriot | 2014-01-27 23:58 | TRAVEL
<< 私達にできること 現実を知る。 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30