Happy Birthday to me~♪ (from 「South Park」)
「29歳と360日と、30歳と5日では年齢を言った時の扱われ方が全然違う」とは一足お先に30歳になった、私の友人の言葉。

ついになってしまいました、30歳。
実は思ってたより意外に感慨がないのだけど。
(前日も、別に「あぁ今日が29歳最後の日なのだわ」とか思わんかったし。
違うな。思ったけど、だから?って感じだったの。想像では超ブルーだろうと思ってたんだけどねー。)

ちなみに私の家族が今日が私の誕生日だと気付いたのは、夜も20時をまわってからの話でした。(←「いつ気付くかなー」、と彼と笑ってたの。
母が最初に気付き、そこから他のメンバーに注進がいったようで、その後続々と全員からメールが来ました。^0^)

さて、30歳。
形から入って恐縮なのですが、「30歳の誕生日だから」というのを口実に、買っちゃいました。これ。

じゃーん。
d0021590_22113792.jpg

え?! 黒いシンプルなパンプス? なんで今さら?? 
 
…と思うでしょ。
実はね、私は今までパンプスを持ってないの。
サラリーマン5年もやっときながら!

私の足って、幅が広いくせに甲が薄いので、なかなか履ける靴がないのね。
で、結局あちこちのシューフィッターやら靴屋やらと話した結果、お仕事靴は、アンクルストラップしか買わない!と決めてたのです。
要は、足幅の部分を器具を使って最大限伸ばす、但しそのまま履くと甲が薄いので足が靴の前部に落ちてしまい、外反母趾やハンマートゥの原因となる。よって、靴の一番幅が広い部分に私の足の一番幅が広い部分がちゃんと当たるよう、足首をストラップで固定するってわけ。

まぁそんなこんなで20代を乗り越えたのですが、やっぱりアンクルストラップ以外の靴も履きたいぢゃない。
で、以前雑誌でチェックしていた新宿伊勢丹の中にある、TOBE (トゥービーではなく、トベ)というハンドメイドの靴屋さんに行ってみた次第。
 
この日は火曜日。ちょうど、30年以上にわたり、靴を作っているオーナー(?)の戸部さんがいらっしゃいました。
いっろいろ相談し、ほんの少しサイズが違うもの、素材が違うものなどを何足も履かせてもらうこと1時間半。
その結果買ったのがこの写真の靴なのです。

1時間半も靴についてお話しさせてもらった結果、私は今まで自分がパンプスを買っては人にあげる、を繰り返してた理由がよく分かったよ。
パンプス選びが間違っていた
   ↓
だから履いてみるたびに足を痛めた
   ↓
パンプスはダメだと思い込んだ
   ↓
パンプスに足を馴らすことをしなかった
なのですね。
戸部さんによると、正しいパンプスを選んでいれば、そこまで足は痛めないそうです(何足も履かせてもらったので、頭でも分かったし、感覚でも分かったの)。

私が今回選んだこのパンプスは、正直履いてて痛いです。
でもこの理論的にも感覚的にも正しいはずのパンプスが我慢できなければ、多分私は完全オーダーメイドのものしか履けないと思う。 (実は過去に何足か既にそれで失敗してるけど。)
逆にこれが履けるようになったら、私の靴選びは選択肢が大幅に増えます。

そんなわけなので、ちょっと時間をかけて足を馴らしてみるわ!
(30代の目標の1つ?!笑 まぁでもそれがわざわざ誕生日に靴を買いに行った理由なんだけどね。笑) 

今日はお食事的にも嬉しい1日で、お昼は鰻屋さんへ、
夜は新橋にあるBARBE et QUEUEという南仏田舎料理屋さんへ彼に連れて行ってもらいました。
このお店、彼がNetで探してくれて、二人とも初めて行ったんだけど、
これが大当たり♪
Food良し、お店の雰囲気良し、そしてお店のスタッフの皆さん良し!!
出て来る物全てが美味しかったんだけど、強いて挙げるなら、和牛のカルパッチョ、かなぁ。
いや、でも最後に頼んだ濃厚な絶品チョコレートケーキも捨てがたい…。
ぜひまた行きたいお店です。

長くなったけど、最後に一言。
おかげさまで20代は充実した日々を過ごさせてもらいました。
30代もますます幸せに笑顔で過ごせるよう、お勉強に、アンチエイジングにその他色々に、頑張りたいと思いまーす (ё_ё)
というわけで皆さま、今後ともcheeriotをどうぞよろしくね!m(_ _)m
[PR]
by cheeriot | 2005-09-13 23:59 | FUN
<< 帰阪、そして美容院へ。 3つの再会 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30