今年もこの季節がやってきました
毎年というわけではないものの、リュウマチで筆を持てない祖母に代わって、時々私が祖母の年賀状を作成・投函していた。
私の代理作成なので、当然、両面、印刷のみで、一言添えるなんてことはない。
ある年、祖母に、「そんなんでいいん?」と聞いたことがある。
その時の祖母の答えがこうだった。
「私らぐらいの歳になったら、年賀状が来たってことは、そのコがまだ生きてるってことやねん。だからそれでえぇ。逆に今まで凝った年賀状を送ってくれてた友人が、印刷のみの年賀状を送ってくるようになったら、それはそれでその友人に何かあったってことが分かるしなぁ。」

今年も今後も私や家族が祖母の名前で年賀状を送ることはもうない。

そんなこんなで、またもやこんなところでの連絡でごめんなさい、でも
今年も喪中のため、年末年始のご挨拶を失礼します。<(_ _)>
[PR]
by cheeriot | 2011-11-16 22:25 | FAMILY
<< 再会はTokyoで 市馬落語集@鈴本 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31