Day2-1: 新旧澳門対決   (以下、2/26遡及;;)
2日目は13年ぶりにマカオへ。
マカオは香港から高速艇で1時間なんだけど、なかなか足を延ばせないのよね。
d0021590_9422985.jpg
勝野さん、yumiちゃんはマカオ初めてとのことで、まずはマカオの象徴、St.Paul へ。
残念ながら、タクシーの運転手さんがいきなり裏側に乗り付けちゃったので、おもしろさは半減(こちら↓が裏です)。
d0021590_957445.jpg
まー、しかしエライ人でございました。
その後は旧市街を歩き、聖ドミニコ教会、セナド広場、蘆家屋敷、聖オーガスチン教会、ドン・ペドロ5世劇場辺りをブラブラしながら新市街へ向かいます。
d0021590_949379.jpg
はー、疲れたー。そしてお腹すいたー。
どこでご飯食べよう、とホテル・リスボアをウロウロし、疲れ果ててもうどこでもいいや的に入ったのが「Tim’s Kitchen 桃花源」。帰国後、この店が、実はミシュラン★だった(さらに言うと、1年前までは★★だったらしい)ことが発覚。
ここで飲茶を食べ、「時差1時間にもかかわらず、3人全員が時差ボケ症状なのは、水分不足ではないか」説に基づき、たっぷり水分補給し、ようやく一息。
d0021590_9514138.jpg

さて、食後は新マカオです。
前日会った友人たちから「もうcheeriotが知ってるマカオじゃない」と言われてた&事前にガイドブック見て想像もついてたんだけど、確かに小ラスべガスみたいになってました(ラスベガスはコチラ)♪
d0021590_10215176.jpg
しかも専門家である勝野さんの「普段、日本で、サンプルブックで小さなサンプルだけ見てる色んな建材がこれでもか!というほどあちこちに使われてる!すごーい!これ、高いのよ!あのサンプル使ったらこうなるのね!この面積だけで車買えるで!日本じゃ今これだけのお金出して内装するとこはないよー」といった解説付きなので、超おもしろい!
そういったいろんなキンピカ建材がテンコ盛りで、建築家・インテリアデザイナー天国なのがホテル・リスボア(葡京酒店)グランド・リスボア・マカオ(澳門新葡京酒店)、それに対して、とっても上品でセンスが良く、女性好みなのが、ウィン・マカオなのではないかと。
残念ながらどちらもカジノフロアは写真厳禁だったので写真はないけど、見てて楽しかったー♪

というわけで、新旧マカオ対決、私たちは圧倒的に新マカオに軍配。
d0021590_10221599.jpg

[PR]
by cheeriot | 2011-01-09 23:58 | TRAVEL
<< Day2-2 HK夜のお愉しみ Day1-2 This is HK. >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30