再び京大和へ その2
さて、すっかり前置きが長くなったけど、本日の主役はこちら。

新郎は私の大学ゼミ仲間。新婦は同じく大学時代にmichiに紹介してもらって以来の友人。
2008年9月に新郎を新婦に紹介、
11月1日の私自身の結婚式で新婦から交際開始を聞き、
その日夜の二次会に駆けつけてくれた新郎と、二人並ぶ姿を初めて見てから約2年。今日は二人の結婚式です。
しかも場所は、私達と同じ山荘 京大和
d0021590_12482476.jpg
d0021590_12483116.jpg
式が始まり、入場してきた新郎新婦のきれいなこと!
いやー、美男美女だと思ってたけど、これは眼福だわー。いい仕事しました!私!!
でもね(* ̄ー ̄)"b" チッチッチッ
二人の魅力はそれだけじゃないんだなー。
真摯、タフ、勝負強さ、物事を地道に努力してちゃんとやりとげる(地に足がついてる)などなど、言うなれば昭和以来の日本人の美意識を共に持ってて、カップルとして軸のぶれない安定感がある感じ(なので、紹介する時に何となくこーなる予感も実はあった)。

2年前の自分の式で、携帯番号の最後の桁がある数字の参列者にその場でスピーチをお願いしたんだけど、その時にトップバッターを務めてくれたのが今日の新婦。そんな彼女の結婚式で、巡り巡って今度は私がスピーチするなんて、何か不思議な縁を感じます。
2年前は食べきれなかった美味しいお料理も今回は完食できたしね!
(そして何よりも、二人が並んで幸せそうなのがめっちゃ嬉しい。)

以前書いた式後のトラブルのため、私達がここを再訪することはないと思ってたんだけど、この二人の結婚式を私が欠席するなんてあり得ない。しかもこの会場を選んだのは、新婦が私たちの結婚式参列時に気に入ってくれてだなんて、私達にとっても本当に嬉しいお話です。
これもまた一つの縁なんでしょう。
式が始まる前に支配人より正式な謝罪をいただいたこともあり、ダンナとの事前打ち合わせ通り、私達の件はこれを機に手打ちに。自分達の結婚式に係る唯一残念だった思い出を、今回、お二人のおかげで払拭できました。いいご縁をどうもありがとう。今後ともどうぞよろしく!
末永くお幸せにね(^_-)!
[PR]
by cheeriot | 2010-11-13 23:59 | WEDDING
<< From 香港 to シンガポール 再び京大和へ その1 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30