上村松園展2
仕事を無理やり切り上げ、再度、「上村松園」展へ(やっぱり混んでた)。
この展覧会、前期と後期で一部展示物の入れ替えがあったのです。

後期の目玉が、「なにものにも犯されない、女性のうちにひそむ強い意志」を、静かなうちに凛として気品のある仕舞「序の舞」を通して描かれた、とされる絵、「序の舞」。

もっと知りたい上村松園―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

加藤 類子 / 東京美術


思ってたよりずっと大きい絵。鏑木清方が、明治以後の優れた美人画としてあげている絵の一つで、袖口からのぞく手の描き方一つをとってみても、画家の神経が隅々まで行きわたっていることが如実にわかる、と言われてます。
正直、「序の舞」の魅力は、私にはよく分からなかった。
それより、「人生の花」に込められた松園さんの思いや、1枚の絵が様々な事情を映し出す「花がたみ」、「待月」の凛とした女人の美しさ、「晩秋」の日々のつましい生活と帯結び、そして前期に出展されていた「焔」の凄みが素晴らしかったです。
この後、11月2日(火)〜12月12日(日)に京都国立近代美術館で「松園展」が見られるようなので、関西の方、ぜひー。
[PR]
by cheeriot | 2010-10-01 23:59 | INTEREST
<< 忙しい時こそ優雅にね おめでた >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30