トラギリ総括
Maldivesファンは、私も含め、色々な方の旅行記を読みながら、次はどの島へ行くか決める傾向があるのかなぁと思ってます。私もそういうblog等に大変お世話になっているので、私自身も今回行ったトラギリについて書いてみたいと思います。
d0021590_1224821.jpg
1.海
トラギリの過去のblogを見ると、217号室の評価が高いですが、私達が今回泊った233号室(端から2つ目。なので、一番端の234号室はもっと良いはず)もとっても良かったです。水上コテージに付いてる階段を下りると、そこはもうサンゴでいっぱい。もちろん魚もいっぱいでした。
ただ、どなたかも書かれてましたが、水位の低い時間帯はあまりに浅くて&結構波があるので、怖くて泳げないです。私達が行った頃は、朝11時台が一番深く、この時間帯のコテージ前の海は、ドロップオフまでもすぐだし、最高でした(逆に、232号~少しの間(全部見たわけじゃないけど)、コテージのすぐ前にはサンゴはなかった気がします。でもそれはそれで、水深が低い時間帯は安全かも)。
233号室からドロップオフに行くまでの間に、3つ前のblogの下から2番目に載せた黄色い魚(シマハギ)の群れを見たし、その辺りのドロップオフでは2日連続でウミガメと泳ぎました♪
また、233号室と232号室の間の、水上コテージの足部分には、同じく3つ前のblogに写真を載せたサヨリ(?)の群れがいます。
海の透明度は時間帯によって違うかなー。

2.食事
d0021590_12203195.jpg
まずい!
モルディブ3度目ですが、過去最悪でした。一口食べて気に入ったものは1食に1種類あるかないか(ビュッフェ形式)。問題は味付けで、どの料理にも何か一つ、私達が食べ慣れていない香料?が入ってるの。それが料理を台無しにしてるのではないかという気がします。朝ごはんのジュースも話にならないし。
唯一の例外がサンドバーで食べたフィッシュカレーで、これは別料金なのだけど、美味しかったです。
本当、海も設備・サービスもお値段もとっても良かったんだけど、この食事のまずさはかなりのものだったので、次に行く時も同じ島に行くかと言われると、?かな(同じ安い島でも、ビヤドゥ・ヴィリバルの方が美味しかった)。
ついでに、カクテルアワーにダンナが「ジントニック」を頼んだところ、ジンとトニックウォーターが別々に運ばれてきました^^; そしてもちろん会計は、カクテルではないという扱いでした。
 
3.設備・サービス
海に降りる階段(しかも目の前にサンゴ礁)付き水上コテージの魅力に取り憑かれ、水中撮影OKのデジカメ+サンダル姿で、階段下で、どれだけの時間を過ごしたことか。
(↓233号室の階段そばに住んでるパウダーブルー・サージオンフィッシュ。色が綺麗なので、テラスからいるのが丸見え)
d0021590_12272691.jpg
しかも、海からあがるとシャワールームに直行可能なので、すんごいラク。
新しいコテージだったので、何もかもが綺麗で快適♪ 某モルディブ本に「素朴なリゾート」と書かれてたのだけど、「これが?どこが??」(byダンナ)という感じでした。
他の方のblogを読んで、支払廻りのトラブルに気を付けてたのだけど、全てがルームチャージにシステム化されてて、不安を覚えるようなことは何一つなかったし、スタッフもヘルプフルでした(注:最終日のみ、午前中にチェックアウトしなければならず、チェックアウト後は随時支払う必要があります)。あと、最終日の17時までの部屋の延長料金は、US$150になってました(支配人に電話で値段を確認する、といったこともなかった)。それでもちと高いけど、それで丸一日遊べる日が増えると思うと、簡単に行けるところでもないし、私達には価値があったと思います。
あとなんだろう。えっと、体験ダイビングは講習だけならUS$60、その後海に行くとプラスUS$60(ダンナがトライして、すっかりハマったらしい)。カタマランはコースによるけど、サンセット時の1時間なら、一人US$30でした。

4.その他
d0021590_12233893.jpg
滞在してるとあまり感じないけど、1周10分前後のこじんまりした島です。
同時期にいた日本人は5組ぐらい?(ファミリーもいた)。中国系がここ3,4年増えてるそうで、実際、滞在時も多かったです(溺れてる中国人をドイツ人が助けたり、といった風景も見ました)。まぁでも色々な国の人が来てる模様。
そうそう、モルディブコインが描かれたお土産用チョコレートは避けた方が良いのではないかと。個包装のお土産があまりないので、職場用にこれを買っちゃったのだけど、いざ配ろうと思って箱を開けたら、単なる銀紙で包まれたチョコレートだったので、とても恥ずかしかったです。
あと、自分達が次に行くときまでに用意しよう、と話し合ったのが、シュノーケルのシューズとフィン、長そでのラッシュに、頭用の日焼け止め、でした。

5.総括
ずっと晴天にも恵まれ、食事を除き、帰りたくなる要素ゼロ。
d0021590_1224026.jpg

[PR]
by cheeriot | 2010-08-23 23:59 | TRAVEL
<< 今度は仙台 トラギリ・魚以外 >>



興奮のあまり、ただいまタイトル変更中
by cheeriot
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31